平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題13解説

 アコモデーション理論 (Accommodation Theory)とは、ジャイルズ (Giles)によって提唱された、相手によって自分の話し方を変える現象を説明するための理論。相手の言語能力によって話し方を変えるフォリナートーク、赤ちゃんに対する話し方のベビートーク、世代間のギャップを無くそうとわざと若者言葉を使って年下の人々に受け入れられようとすることもその一種。その性質からダイバージェンスとコンバージェンスに分けられる。

 

問1 日本語能力が高くない外国人に日本語母語話者が話す場合の特徴

 日本語能力が高くない外国人に日本語母語話者が話す場合、丁寧体の使用が回避されて普通体が使われやすくなるそうです。
 したがって答えは3です。

 

問2 アコモデーション理論

 1 バイリンガリズム
 二言語を併用すること。

 2 ピジン化/言語の単純化
 ピジン化仮説については分かりません。
 ピジン化とは、ピジン言語が自然に形成されていく過程において、文法が単純化されたり、一つの単語が多義的に用いられたり、発音が簡略化されていくこと。

 3 アコモデーション理論
 上述の通り。

 4 ダイグロシア (diglossia)
 ある社会において高変種と低変種の二つの言語変種が存在し、それぞれが場面や状況によって使い分けられている状態のこと。高変種とはいわゆる公的な場面で使用される言語形式のことで、H(High)変種とも呼ばれる。低変種は口語や方言において現れる、より私的な場面で使用される言語形式のことで、L(Low)変種とも呼ばれる。

 したがって答えは3です。

 

問3 言語的収束(コンバージェンス)

 言語的収束/コンバージェンス (convergence)とは、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方にできるだけ近付けていくこと。上司が部下に受け入れられるために若者言葉を使ったりすることなどがこれにあたる。

 1 相手に良いイメージを与え、距離を縮めようとするのが言語的収束です。
 2 距離を縮め、コミュニケーションを効率的にしようとするのが言語的収束です。
 3 共感によって親密な関係を築こうとするのが言語的収束です。
 4 言語的収束とは、自分が相手の話し方に合わせることであって、相手が自分の話し方に合わせることではありません。

 したがって答えは4です。

 

問4 ティーチャートーク

 ティーチャートークとは、教師が学習者に対してする話し方のことで、学習者のレベルによってその話し方は変わる。

 選択肢1
 提示質問/ディスプレイ・クエスチョン (display question)とは、質問者が答えを知りながら尋ねる質問形式のこと。
 指示質問/レファレンシャル・クエスチョン (referential question)とは、質問者が答えを知らない状態で尋ねる質問形式のこと。
 この選択肢は逆です。教師は提示質問(答えを知っている質問)を多くしがちなので、指示質問(答えを知らない質問)を多くしたほうが単調になりません。

 選択肢2
 「分かりましたか」と質問して、仮に「分かりました」と学習者が答えたとしても、それが確かに定着しているか、理解しているかどうかの確認とはなりえません。習慣化してつい「分かりました」と言ってしまうこともあります。

 選択肢3
 正しいです。

 選択肢4
 わざと強調して発音するのは望ましくありません。それが正しいアクセントであるかのように受け取り、同じように発話するようになってしまうかもしれません。自然に話すべきです。

 したがって答えは3です。

 

問5 言語的分岐(ダイバージェンス)

 言語的分岐/ダイバージェンス (divergence)は、アコモデーション理論のうち、自分の話し方を相手の話し方からできるだけ離していくこと。関西圏でも共通語を使おうとすることなどがこれにあたる。

 選択肢4は、相手との距離を取るためにわざと外国人なまりで話をしています。これは言語的分岐(ダイバージェンス)の例です。
 したがって答えは4です。