【N0文法】~とでも言うべき/とも言うべき

N0文法, 日本語の文法

説明

接続

 名詞+とでも言うべき
 

意味

 应改成得上…
 可以称得上…
 也可以这么说…
 可以说是…
 

解説

 比喩表現の一種で、ある人や物事の様子や性質から見て、それを他の有名なものに喩える文型です。
 

例文

 (1) 街中で偶然初恋の人に逢うなんて、運命とでも言うべき出来事だった。
     (在街上偶然遇到初恋的人,可以说是命运的事情。)
 (2) あの日起きたことは自然災害ではなく、人災とでも言うべきだった。
     (那天发生的事情应该不是自然灾害,而是人祸。)
 (3) 一度もやったことがないにしては筋が良い。彼は天才とでも言うべきか。
     (虽然一次也没做过,但很有天赋。可以说他是天才吗?)
 (4) リオネル・メッシはその類稀なるボールコントロールから、第二のマラドーナとでも言うべき存在だ。
     (里约热内卢・梅西正是这种罕见的球控,可以说是第二个马拉多纳的存在。)
 (5) 彼女の慈愛の精神は、人が本来持っている優しさとも言うべきものだ。
     (她的慈爱精神,也可以说是人本来就有的温柔。)
 (6) 中性脂肪は、肥満の象徴とでも言うべきものだ。
     (中性脂肪也可以说是肥胖的象征。)
 (7) 私たちはお互いに考えていることが分かっている。以心伝心とでも言うべきか。
     (我们知道彼此的想法。也可以说是以心传意吗?)
 (8) 彼はその無尽蔵とでも言うべきスタミナで相手DFを撹乱し、チームに貢献している。
     (他用可以说是无穷无尽的体力搅乱对手的DF,为球队做出了贡献。)

 

備考

 特になし