【N0文法】~たものではない

日本語の文法, N0文法

説明

接続

 動可能形のた形+ものではない
 可能系動詞のた形+ものではない
 

意味

 不能…
 不可能…
 

解説

 不可能であることを強調する文法です。「到底」などが呼応することがあります。
 口語は「~たもんじゃない」です。
 物事に対するマイナスの評価をするときに用いられます。
 

例文

 (1) 文才がないので、小説なんて書けたものではない
     (因为没有文才,所以不能写小说。)
 (2) 主演を務めた俳優の演技がひどすぎて、この映画は観れたもんじゃない
     (主演的演员演技太差了,这部电影不值得一看。)
 (3) このヨーグルト腐ってるのか、酸っぱくて食べられたものではない
     (这个酸奶腐烂了,酸的不能吃。)
 (4) 初めて飲んだビールはとても苦くて到底飲めたものではなかった。
     (第一次喝的啤酒非常苦,根本不能喝。)
 (5) ここには無料のWi-Fiがあるけど、回線遅すぎて使えたもんじゃない
     (这里有免费的Wi-Fi,但是线路太慢了没法使用。)
 (6) 私も良く夜更かしをするので、人に夜更かしするなとは言えたものではない
     (我也经常熬夜,所以不能说别让人熬夜。)
 (7) この辺りの夏は暑すぎて、暑がりは住めたものではない
     (这一带的夏天太热了,热的不能住人。)
 (8) 世の中捨てたものではない
     (人生还是充满了希望的。)
 (9) ここはうるさすぎて、集中なんかできたものではない
     (这里太吵了,不能集中精神。)
 (10) 彼の技術はとてもじゃないが真似できたものではない
     (他的技术非常好,实在是模仿不出来的。)

 

備考

 似ている文法「【N2文法】~ものではない
 似ている文法「【N0文法】~たものでもない
 似ている文法「【N0文法】~ないものでもない