平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 言葉の変化と性の関係

 1980年代頃から、「だよ」「だね」「じゃん」などといったユニセックスな言い回しが男女ともに好んで用いられるようになりました。このような男性語と女性語の違いが狭まっていく現象が共通語化です。
 男女共に共通語化の傾向はあるものの、女性のほうが比較的顕著で、特に終助詞に関する変化が分かりやすいです。

 明治時代に発生した女性語の「てよだわ言葉」は今では用いられなくなり、「だよ」「だね」「じゃん」などが用いられるようになっています。一方、男性語である「だろ」「だぞ」などは今でも用いられています。

 男性にもユニセックスな言い回しが用いられるようになっていますが、今でも男性語の使用が認められています。一方、女性は共通語化への傾向が強く、かつて女性語だった言葉の多くは一般的に用いられなくなっています。

 したがって答えは2です。

 参考:女性語 – Wikipedia
 参考:男性語 – Wikipedia

 

問2 潜在的権威

 トラッドギルは、話し手がどのよな話し方を選ぶかということを言葉の権威として説明しています。そして言葉の権威には、「顕在的権威」と「潜在的権威」があると提唱しています。

 大人は社会的地位が高く見られている標準的な言語形式(H変種)に顕在的権威を認める傾向があります。一方、それ以前の若者は社会的地位が低く見られている非標準的な言語形式(L変種)に潜在的権威を認める傾向があります。一般的には、年齢が上がるに従ってより標準的な言葉遣いへとシフトして行きます。

 私個人的な経験に基づくと、例えば子供の頃は汚い言葉をよく使っていましたが、大人になるにつれてそれら俗語(スラング)を使わなくなってきました。

 したがって答えは3です。

 

問3 位相論

 文章中にある「廓言葉などの歴史的な特定の社会集団の用語」とは、位相語のことです。
 位相語(社会方言)とは、性差、年齢、階層差、階級差、職業などの社会的な属性(位相)の違いによる言語体系のことで、その位相論は菊沢季生によって研究されました。

 方言周圏論(周圏分布)
 方言の語や音などの要素が文化的中心地から同心円状に分布する場合、外側にあるより古い形から内側にあるより新しい形へ順次変化したと推定するもの。見方を変えると、一つの形は同心円の中心地から周辺に向かって伝播したとする。
 参考:方言周圏論 – Wikipedia

 したがって答えは1です。

 

問4 現代日本語の階層差

 問1でも述べられているように、男性語、女性語、老人語などの位相語は共通語化して行っていますので、現代日本語では階層差が希薄になっていると言えます。

 したがって答えは2です。

 

問5 言語生活

独立行政法人国立国語研究所は,国語及び国民の言語生活に関する研究を行う機関として,また,外国人のための日本語教育の振興を図る機関として,期待に応えられるよう,新しい歩みを始めました。
 - 独立行政法人国立国語研究所の出発 | 国語研の窓 | ことば研究館より

 したがって答えは2です。

 

問6 集団語

 集団語とは、ある特定の集団の中で用いられる言葉のこと。スラング、隠語、職業語、術語、業界用語、専門用語、廓言葉、女房詞、てよだわ言葉、キャンパス言葉などを含む。

 1 正しいです。
 2 集団語を使用することで、集団意識・連帯機能を高めたりする効果があります。
 3 集団語は、ある概念をいちいち回りくどい言い方をしなくても伝わるように表現することを目的とした言い方のことで、変化が乏しい傾向はあるものの、隠語志向に基づくものではありません。
 4 仲間内で通じる言い回しが多いので、その通りです。

 したがって答えは3です。