【第12課】セメンヤ選手はオリンピックに男性として参加すべき?女性として参加すべき?

教案, 二年後期 会話

 第12課のテーマは「セメンヤ選手はオリンピックに男性として参加すべき?女性として参加すべき?」です。

セメンヤは、800mを得意とする南アフリカの女子中距離選手である。2009年にベルリンで開催された世界選手権では、南アフリカ代表として800mで金メダルを獲得した。2012年ロンドンオリンピックの開会式では南アフリカ選手団の旗手を務めた。男性のような見た目から男性疑惑もあったが両性具有との診断が出た。国際陸上競技連盟は女性として記録を認めている
 
医学的検査の結果子宮と卵巣が無く体内に精巣があり、通常の女性の3倍以上のテストステロン(男性ホルモンの一種)を分泌していることが判明し、両性具有であることが分かったと報じられた。

 引用元:キャスター・セメンヤ – Wikipedia


 

男性として参加すべき派の意見

 ・男性と女性の運動能力は違う。
 ・この人の考えだけで性別を決めるのは、他の選手にとって不公平だ。
 ・この人の体力は男性の体力そのもの。
 ・男の特徴があり、これは現実。ただ自分の意見だけでは決められない。
 ・男性の特徴がより多くあると言える。
 ・その人の意思で性別を選んだ結果、他の人に影響がないなら認めることができるが、この場合はそうではない。
 ・男性ホルモンが多いので、男性だ。
 ・オリンピックにとって、男子競技の人は男性ホルモン優勢の人だ。
 ・女性として参加すると、オリンピックのルールを壊すかもしれない。
 ・記録が違いすぎる。
 ・女子競技では必ず勝てる。これは不公平だ。
 ・他国の利益を害する。
 ・オリンピックは性別ごとの世界記録、すなわち人類の限界への挑戦であり、誰もが女性と認める人がその記録を保持しなければ、それは女性の記録とは言えないのではないだろうか。

 

女性として参加すべき派の意見

 ・自分の心に従えばいい。
 ・メダルは重要ではなく、重要なことは人々が認めることだ。
 ・この人は不完全な男性だ。
 ・彼女は両性具有で、逆に言えば両性とも無い。なので我々は彼女の意思を認めるしかない。
 ・女性として参加すると他の女性に不公平だが、その逆もまた同じだ。
 ・性器によって性別は決められない。
 ・オリンピック精神によって彼女の参加は尊重されるべきだ。
 ・オリンピックは彼女の参加を一度認めている以上、議論の余地はない。
 ・両性具有であるという国際検査があるので、自分で決めるほうが良い。
 ・女性としての参加を認めることは、オリンピック精神に基づくものである。
 ・この人は男性として参加したことが過去一度もない。

 

まとめ

 両性具有者のオリンピック選手はどちらの性別として参加すべきかという問題ですが、この問題はかなり難しかったようです。
 このキャスター・セメンヤ選手は特殊な事例なので、まずはディベートの前にちゃんと説明をしなければいけませんでした。
 

教案, 二年後期 会話