平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

問1 JFLとJSL

 JFL(Japanese as a Foreign Language)とは、外国語としての日本語ことです。
 JSL(Japanese as a Second Language)とは、第二言語としての日本語のことです。

 したがって答えは4です。

 

問2 JGP

 JGP(Japanese for General Purposes)とは、日常生活で用いられる一般的な日本語のことです。
 JSP(Japanese for Specific Purposes)とは、仕事や研究などの特定の目的に用いられる特別な日本語のことです。

 1 JGP
 2 接客業の日本語はJSPです。
 3 運転免許取得のために日本語はJSPです。
 4 論文の日本語はJSPです。

 したがって答えは1です。

 

問3 JSP

 1 専門分野の教師によってJSP教育の学習計画を管理しても、授業を担当しなければ意味がないように思います。
 2 専門分野の教師や関係者と連携するのは効果的です。
 3 問2の論文の書き方にもあるように産出が必要となるケースは少なくありませんので、理解を優先させるべきではありません。
 4 不明

 したがって答えは2です。

 

問4 特殊環境下での海外帰国児童生徒の日本語能力

 小学校低学年以前は日本にいて、海外渡航後も家庭で日本語を使っているとのことなので、日本語は母語話者レベルであると推測できます。したがって選択肢1、3、4のような問題は起きません。ただし、学校で読み書き等を行っていませんので選択肢2のような問題は起き得ます。

 したがって答えは2です。

 

問5 日本での就職を考えている留学生対象のビジネス日本語教育

 1 必要です。
 2 必要です。
 3 「日本で就職を考えている」とだけありますので、「ある特定の業種に必要な日本語」を教えるのは間違いです。
 4 必要です。

 したがって答えは3です。