平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

問1 コースデザインの流れ

 コースデザインの流れは、まず学習者がどのようなことを勉強したいのか、あるいはその学習背景などを調査するニーズ分析及びレディネス分析を行います。学習者のニーズが分かったところで、コースを構成する各課のシラバスデザインを行います。コースの大枠であるシラバスが完成した後に、それをどのように教えるかについての教授法や教室活動について決めます。これによってようやく教材を作れる段階に至ります。

 したがって答えは4です。

 

問2 各課の構成

 1 課を構成するために必要な情報です。
 2 課を構成するために必要な情報です。
 3 課を構成するために必要な情報です。
 4 クラス規模や学習者の母語は、ニーズ分析の段階で把握していることです。

 したがって答えは4です。

 

問3 コースに合わせた手直し

 リライトとは、教科書の分かりにくい表現を別の表現に書き換えることで、年少者日本語教育では、子どもの発達段階に即している日本語に対応した内容に書き換えたリライト教材が用いられる。

 1 教科書の元々のねらいや主題に沿った書き換えは問題ありません。それらに沿わない内容に書き換えるのは望ましくありません。
 2 既習の語彙や文法しかない教材は言語習得を促進しません。年少者と言えど、文脈で推測できるレベルの未習語彙や文法を含めるべきです。
 3 各課の内容を重視した書き換えを行うべきです。その内容は無視すべきではありません。
 4 年少者日本語教育のリライトでは、子どもの発達段階に応じた、認知的な発達に即した書き換えを行うべきです。

 したがって答えは2です。

 

問4 リソースへのセルフ・アクセスのための環境作り

 ここでいうリソースとは、言語学習の中で何か問題が発生したときに、その問題を解決するための資源のことです。参考書や教師などがこれにあたります。これらのリソースに学習者自身にアクセスさせる環境作りで留意すべき選択肢を選びます。

 1 正しいです。
 2 リソースはその種類や分野によって分類して配置したほうがアクセスしやすくなります。
 3 学習スペースと書庫は近くすべきです。学習で発生した問題を解決するために、書庫は近くにあると役に立ちます。
 4 例えばある文法の意味が分からずにリソースにアクセスしたものの、そのリソースが日本語で書かれていることによって問題が解決されなかったら元も子もありません。学習者の母語でも情報提供すべきです。

 したがって答えは1です。

 





平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説