平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 ナチュラル・アプローチ

 ナチュラル・アプローチ (The Natural Approach)とは、1980年代に注目された成人のための外国語教授法で、幼児の母語習得過程を参考にした聴解優先の教授法。クラッシェンのモニターモデルの仮説に基づき、学習者が自然に話し出すまでは発話を強制せず、誤りがあっても不安を抱かせないために直接訂正しないなどの特徴がある。発話が行われるまでの間は聴解練習のみ行われる。

構造シラバス 言語の構造や文型に焦点を当てて構成されたシラバス。オーディオリンガルアプローチやサイレントウェイで用いられる。
機能シラバス 依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能に焦点を当てて構成されたシラバス。
場面シラバス 「レストランで注文する」や「スーパーで買い物をする」などの使用場面に焦点を当てて構成されたシラバス。
トピックシラバス
話題シラバス
ニーズ分析などを踏まえ、学習者の興味がある内容や実社会で話題になっている話題を中心に構成されたシラバス。
スキルシラバス
技能シラバス
言語の四技能(読/書/話/聞)の中から、学習者に必要な技能に焦点を当てて構成されたシラバス。
タスクシラバス
課題シラバス
言語を使って何らかの目的を遂行することに焦点を当てて構成されたシラバス。ロールプレイなどがこれにあたる。
概念・機能シラバス 機能シラバスと実際のコミュニケーションの場面を組み合わせて構成されたシラバス。依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能を用い、実際にコミュニケーションが行われる場面で目標を達成するような活動を進めていく。

 構造シラバス(文型シラバス)はオーディオ・リンガル・メソッドやサイレントウェイで用いられます。
 技能シラバスは言語の四技能に焦点を当てたシラバスで、ナチュラル・アプローチの聴解練習とは相反します。
 課題シラバスでは何らかの課題を課すので、学習者によっては不安を抱きかねません。また、発話を強制することになるので、ナチュラル・アプローチでは用いません。

 したがって答えは1です。

 

問2 コミュニティ・ランゲージ・ラーニング (CLL)

 1 オーラル・メソッド (Oral Method)
 ハロルド・パーマー (H.E.Palmer)によって提唱された教授法。ナチュラル・メソッドと同じく幼児の母語習得過程を外国語学習に適用しつつ、必要があれば媒介語を使ってもいいとし、それまでのダイレクト・メソッドを改良して開発された。オーラル・メソッドに基づく授業は、Presentation(文型の提示)、Practice(基本練習)、Production(応用練習)から構成される。これはオーラル・メソッドの独自の手法で、PPPと呼ばれる。

Presentation(文型の導入)
Practicce(基本練習)
Production(応用練習)

 2 ナチュラル・メソッド (Natural Method)
 媒介語を使用しない教授法。幼児の母語習得過程を外国語学習に適用し、より自然な方法で外国語を身につける方が良いという考え方を持つ。「サイコロジカル・メソッド」と「ベルリッツ・メソッド」がある。

 3 コミュニティ・ランゲージ・ラーニング/CLL (Community Language Learning)
 カラン (Curran)が提唱した、カウンセリング理論を外国語学習に応用して開発した教授法。カウンセリング理論は学習者が誤りを犯すことへの心理的な不安を和らげるために用いられる。また、不安軽減のため、媒介語の積極的な使用を認めている。カウンセリング・ラーニングとも呼ぶ。

 4 GDM (Graded Direct Method)/段階的直接教授法
 媒介語を使用しないダイレクトメソッド(直接教授法)の流れをくむ教授法の一つで、ハーバード大学のI.A.リチャーズにより考案された。学習者の負担を軽減するため、簡単な言葉から段階的に教えていく教授法。

 したがって答えは3です。

 

問3 オーディオ・リンガル・メソッドとコミュニカティブ・アプローチ

 オーディオ・リンガル・メソッド(Audio-Lingal Method)とは、目標言語の音声や文法構造をミムメム練習やパターンプラクティスを用いて学習し、それらを無意識に自動的に反射的に使えるようになることを目標とする教授法です。また、もともと兵士の語学訓練のために用いられたため、アーミー・メソッド(Army Method)などとも呼ばれます。

 コミュニカティブ・アプローチとは、コミュニケーション能力の育成を中心とし、情報の格差を埋めることがコミュニケーションの本質という考え方に基づいています。インフォメーションギャップ(情報格差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)などの要素がある、現実のコミュニケーションと同じような活動を教室で行います。形式よりも意味を重視するフォーカス・オン・ミーニングに分類されます。

 1 正しいです。オーディオ・リンガル・メソッドは文法構造に焦点を当てた構造主義言語学の影響を受けています。コミュニカティブ・アプローチはコミュニケーション能力を重視した機能主義言語学の影響を受けています。

 2 オーディオ・リンガル・メソッドもコミュニカティブ・アプローチは話し言葉を重視しています。

 3 オーディオ・リンガル・メソッドは易しい文型から順に導入していきます。コミュニカティブ・アプローチはコミュニケーション能力の育成を中心とするので、そのたびに必要な文型を導入していくことから、その順序はあまり意識されません。

 4 オーディオ・リンガル・メソッドでは、誤りは母語の影響によって生じるととらえています。コミュニカティブ・アプローチでは、誤りは言語習得過程における一つの現象としてとらえています。

 したがって答えは2です。

 

問4 プロジェクトワーク

 プロジェクトワークとは、学習者が主体となって計画をし、資料や情報を集めたりして、グループごとに一つの作品にまとめる学習方法。報告書、新聞、発表、映像などを作る。現実性の高い活動なので、実践的な日本語を学べる。

 1 自己研修型ではありません。周囲と協力して行っていきます。
 2 正しいです。
 3 正しいです。活動の過程で様々な技能を必要とします。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 

問5 プロセス・ライティング

 プロセス・ライティング/プロセス・アプローチ (The Process Approach)とは、作文を仕上げていくそのプロセスを重視した作文指導法のこと。計画、構想、下書き、推敲、教師による添削・フィードバックなどの繰り返しによって新しい発見をし、よりよい文章を再構築していくことを目的とする。教師は学習者のサポートを担う。

 したがって答えは4です。

 





平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説