平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

 平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D
 D【複文】

(16)「単文」と「複文」の違い

 「りんごが落ちる」のように、文中に述語が一つだけある文のことを単文と言い、この単文を2つ以上並列させたものを重文文中に修飾語・修飾部があるもの(複数の述語によって構成されたもの)を複文と言います。

 したがって答えは2です。

 

(17)原因・理由の従属節

 1つの文に主語と述語が2つずつ含まれる複文は、主節と従属節の2つに分けられます。従属節はさらにその機能から5つに分けられます。

連体修飾節
名詞修飾節
名詞を修飾する節 彼女が作った料理を食べた。
腐った弁当を捨てた。
昨日買った服を着て行く。
補足節
(名詞節)
「の」「こと」によって
名詞句化された節
彼女が結婚することを噂で聞いた。
床に散らばっているのを掃除する。
彼らがここにいたことを忘れないでください。
引用節 発言等を引用する節 彼女は、私は結婚しないと言った。
私は、それは間違いだと思う。
もう二度としないと誓った。
副詞節 原因・理由・目的・条件などを表し、
主節の述語を修飾する節
彼が来ないと始まらない。
旅行するためにアルバイトしたい。
人に聞かれないようにこっそり話す。
並列節 主節と同程度の内容を
並列的に述べる節
彼女は料理を作り、私はそれを食べた。
先生が問い、学生が答えた。

 1 「役員が遅刻したせいで」は副詞節の原因・理由
 2 「電車に間に合うように」は副詞節の目的
 3 この文は「薬を飲んだ」と「熱が下がらなかった」から構成される重文です。それらを逆接の「のに」でつないでいます。
 4 この文は「めいっ子と会う」と「大きくなっていると感じる」から構成される重文です。

 したがって答えは1です。

 

(18)譲歩

 文章中には、「前件の事態が仮定的なものには、順接的なつながりの『条件』、逆接的なつながりの『(ア)』がある。」とあります。

 前件の事態が仮定的な例文として「もし君が行くなら」のような表現が挙げられます。これから順接的なつながりと逆接的なつながりの文を考えてみます。

  (1) もし君が行くなら、私も行く。(順接的なつながり:条件)
  (2) もし君が行くなら、私は行かない。(逆接的なつながり:譲歩)

 (2)のような文は、自分が折れたり、折り合いをつけたりすることを表しています。これが譲歩です。
 したがって答えは3です。

 

(19)反事実条件

 仮定条件とは、前件の真偽が未定である条件のこと。
  (3) 明日天気が良けれ、遊びに行こう。
  (4) 明日天気が良かったら、遊びに行こう。
  (5) 明日天気が良いなら、遊びに行こう。
  (6) 天気が良くないことには、遊びに行けない。
  (7) 天気が良くなくては、遊びに行けない。

 確定条件とは、前件が発生する可能性が100%である条件のこと。
  (8) 2時になったら出発しよう。
  (9) 一人3000円とすると、全部で3万円になる。
  (10) 一人3000円とすれば、全部で3万円になる。
  (11) 1個500円として、30個販売するつもりだ。

 事実条件とは、後件が実現したことを表す条件のこと。
  (12) 家に帰ったら、すぐ倒れ込んだ。
  (13) 店に入る、元カノが働いていた。
  (14) 嗅いでみたら、懐かしい匂いがした。

 反事実条件とは、実際には起こらなかったことを、もし起こっていればどうなっていたかということを述べる条件のこと。
  (15) あの時告白していたら、付き合えていたかもしれない。
  (16) 私があの人なら、絶対助けていた。
  (17) 過去に戻れるなら、小学校時代に戻りたい。
  (18) 雨が降らなけれ出かけていたのに。
  (19) 許されるなら目の前で土下座したいところだ。

 
 1 「過去に戻れるなら戻りたい」のように、「なら」を使うことはできます。
 2 前件に接続助詞「と」を使う例文は思い付きません。
 3 「許されるなら目の前で土下座したいところだ」のように、後件に「ところだ」を使うことはできます。
 4 「雨が降らなければ出かけていたのに。」のように、後件に「のに」を使うことはできます。

 したがって答えは2です。

 

(20)「複文」を構成する接続助詞を終助詞的に使う用法

 接続助詞の後には本来何らかの文が続くものですので、後件の内容を考えてみます。

 1 これ、道に落ちていたんですが落としましたか?
 2 今日中に終わらなかったら、許さないから、早くやりなさい
 3 だから、やめときなよ。危ないって言ってるでしょ。
 4 私はこれで。明日、会社もあることだし、お先に失礼します。

 選択肢3の「って」は、「と」に置き換えられます。この場合の「と」は発言などを引用する用法の格助詞です。接続助詞ではありません。

 したがって答えは3です。

 





平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説