平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

 平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C
 C【取り立て助詞と格助詞】

 取り立て助詞とは、文面にはない情報を暗示して意味を加える助詞のこと。例えば、「私も日本人です。」では、まず「私は日本人である」ことを明示しつつ、「も」によって「自分以外にも日本人がいる」ことを暗示している。

 

(11)「極限」を表す取り立て助詞

比較 は、も
特立(例示) こそ
極限 さえ、すら、だに、でも、だって、まで、も
限定 だけ、のみ、ばかり、しか、は、も、など
例示 など、なんか、なんぞ、なんて、なぞ
程度 くらい(ぐらい)、ほど、ばかり、だ

 選択肢1
  程度「くらい」:野球はできないが、キャッチボールくらいはできる。
  累加「など」:チョコなどの甘い物が好き。
  極限「まで」:部屋の隅まで掃除する。

 選択肢2
  累加「なんか」:チョコなんかの甘いものが好き。
  程度「くらい」:野球はできないが、キャッチボールくらいはできる。
  限定「ばかり」:チョコばかり食べる。

 選択肢3
  特立「こそ」:彼こそ英雄だ。
  極限「さえ」:子どもさえもできる。
  限定「ばかり」:チョコばかり食べる。

 選択肢4
  極限「さえ」:子供さえもできる。
  極限「でも」:子供でもできる。
  極限「まで」:部屋の隅まで掃除する。

 したがって答えは4です。

 

(12)格助詞を伴う取り立て助詞で、基本的に明示されない格助詞

 格助詞には”強さ”があり、ガ格とヲ格は「強い格と呼ばれます。ニ格は中間的で、それ以外は弱い格です。

 強い格は省略しやすく、これらが伴う要素を格助詞「の」に接続できず、また取り立て助詞で取り立てることはできません。一方、弱い格は省略できず、格助詞「の」や取り立て助詞と接続することができます。

 デ格とカラ格は弱い格なので、取り立て助詞で取り立てることができます。
  (1) 子供でさえできる。
  (2) 子供からさえ非難された。

 ガ格とヲ格は強い格なので、取り立て助詞で取り立てることができません。

 したがって答えは4です。

 

(13)取り立て助詞の後に格助詞が現れる場合

 通常は「格助詞+取り立て助詞」の順番ですが、逆になることもあるようです。

格助詞+取り立て助詞
(通常の順番)
取り立て助詞+格助詞
(逆順)
◯家でしか勉強しない。 ✕家しかで勉強しない。
◯家でも勉強する。 ✕家もで勉強する。
◯家でだけ勉強する。 ◯家だけで勉強する。
◯家でなんて勉強しない。 ✕家なんてで勉強しない。

 取り立て助詞「だけ」に格助詞がつく場合は、前後どちらでもいいようです。
 したがって答えは3です。

 

(14)格助詞としても取り立て助詞としても働く場合

 取り立て助詞とは、文面にはない情報を暗示して意味を加える助詞のこと。例えば、「私も日本人です。」では、まず「私は日本人である」ことを明示しつつ、「も」によって「自分以外にも日本人がいる」ことを暗示している。

 1 文面にない情報を暗示しています。睡眠時間以外の時間も活用していることを表しています。
 2 文面にない情報を暗示しています。バイト代以外も取り上げられたことを表しています。
 3 文面にない情報を暗示しています。病気ではないうちは頑張るという意思を表しています。
 4 文面にない情報を暗示していません。

 したがって答えは4です。

 

(15)連体修飾節内の要素

 連体修飾節/名詞修飾節とは、複文における従属節のうち、名詞を修飾する節のこと。「彼女が作った料理を食べた」における「彼女が作った料理」がこれにあたる。連体修飾節はその構造から内の関係と外の関係に分類される。

 1 「部屋」を修飾しているのが「関係者以外は入れない」なので、この「は」は連体修飾節内の要素です。
 2 「ぬいぐるみ」を修飾しているのは「おじいちゃんにもらった」なので、「は」は連体修飾節外の要素です。
 3 この文に連体修飾節はありません。
 4 「店」を修飾しているのは「料理が安くておいしいお得な」なので、「は」は連体修飾節外の要素です。

 







平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説