平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説

 平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B
 B【副詞】

様態副詞/情態副詞 動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表すもの。擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれる。そのうち、動きの量や人の量などを表す副詞を量副詞と分類することもある。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられるもの。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表すもの。必ず、もし、たとえ、たぶん、なぜ…
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表すもの。たいへん、とても、すごく…

 

(6)様態副詞

 1 「せっかく」には話者の気持ちが含まれているので陳述副詞です。
 2 「さっぱり」は程度副詞です。
 3 「ぐっすり」は様態副詞です。
 4 この「ちょっと」は「少し」に言い換えられるので程度副詞です。

 したがって答えは3です。

 

(7)程度副詞

 1 「仰々しく」は様態副詞です。
 2 「もしかすると」は陳述副詞です。
 3 「ぎゅっと」は様態副詞です。
 4 「ほとんど」は程度副詞です。

 したがって答えは4です。

 

(8)陳述副詞

 陳述副詞とは、副詞のうち、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表すもの。否定、推量、否定推量、疑問、依頼・願望、仮定、比況などの表現で述語の陳述に呼応して用いられる。

 したがって答えは1です。

 

(9)呼応

 照応とは、文章・談話の中で、代名詞や指示語を用いて具体的な何かを指すこと。前方照応と後方照応に分けられる。
 特に代名詞や指示語がそれよりも前に出てきたものを指すことを前方照応後に出てくるものを指すことを後方照応という。

 
 「しか」の後ろには「ない」が必ず来るなどに見られる、2つ以上の語が一つの文の中で対応する形をとることを呼応という。

 したがって答えは3です。

 

(10)副詞と同様の働きを持つ「動詞のテ形」

 選択肢4の「黙って見ていた」は、こっそり、じっと、おとなしく、ひそかに等の副詞に置き換えることができます。これは「黙って」が副詞と同様の働きを持っているためです。また、「黙って」は「見ている」という動作がどのように行われているかを表しているため、様態副詞です。

 したがって答えは4です。

 







平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説