平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【音声・国際音声記号・音素】

(1)後舌非円唇狭母音

 [ɯ]は非円唇後舌狭母音です。
 したがって答えは3です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 

(2)「シャ」の国際音声記号

 1 [ɕa] シャ
 2 [ça] 日本語にはありません。(ヒャは[çya])
 3 [sja] 日本語にはありません。
 4 [sya] 日本語にはありません。

 したがって答えは1です。

 参考:日本語の音素と音声の対応

 

(3)ラ行音

 ラ行音は[ɾ]有声歯茎弾き音です。
 したがって答えは3です。

 

(4)異音

 異音とは、同じ音素に属する異なる音のことです。日本語では、[s][θ]が音素/s/として、[ɾ][r][l]が音素/r/として認識されます。
 そのうち自由異音とは異音が現れる条件が決まっていない異音で、条件異音とは異音が現れる条件が決まっている異音です。

 日本語のハ行子音 /h/ には[h]無声声門摩擦音、[ç]無声硬口蓋摩擦音、[ɸ]無声両唇摩擦音の3つの異音があります。
  [h]が生じる条件:母音[a][e][o]の前(ハ・ヘ・ホ)
  [ç]が生じる条件:母音[i]の前(ヘ)
  [ɸ]が生じる条件:母音[ɯ]の前(フ)

 ちなみに…
 ナ行は、[a][ɯ][e][o]の前では[n]が現れ、[i]の前では[ɲ]が現れます。異音は2つです。
 ヤ行は、全ての場合で[j]が現れます。異音はありません。
 マ行は、全ての場合で[m]が現れます。異音はありません。

 したがって答えは4です。

 

(5)対立的分布

 選択肢1
 中国語と韓国語では気音の有無(有気音と無気音)によって意味が区別されますが、日本語では声帯振動の有無(有声音と無声音)によって意味が区別されます。[k]と[g]は無声音と有声音なので、日本語では対立しますが、韓国語では対立しません。

 選択肢2
 [p]は無声両唇破裂音で、[pʰ]は有気音の無声両唇破裂音です。中国語では中国語と韓国語では気音の有無(有気音と無気音)によって意味が区別されます。したがってこの2つは対立的分布をなします。

 選択肢3
 [kita]は、母音[i]が無声子音[k]と[t]に挟まれているので、普通に発音するときは[i]が無声化します。これを母音の無声化と呼びます。[i]の下に丸がついているのは、[i]が無声化することを表しています。つまり、[kita]ははっきり「きた」と発音するのに対し、[ki̥ta]は、母音[i]が無声化するため、およそ「kた」と発音されます。
 しかしながら、「きた」と「kた」ではどちらも意味は同じで区別されません。つまり[kita]と[ki̥ta]、[i]と[i̥]は対立的分布をなさないということです。
 参考:母音の無声化で「です/ます」を綺麗に発音する

 選択肢4
 「íːst」と「fíːld」の母音は「í」ですが、どちらも同じです。対立的分布をなしません。

 したがって答えは1です。

 





平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説