平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題14解説

問1 尊敬語

 敬語は以下の5つに分類されます。

素材敬語
話題の中の人物への敬意を表すもの
尊敬語 相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて、その物を立てて述べるもの。
 例)いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、御利用になる、読まれる、始められる、お導き、御出席、(立てるべき人物からの)御説明、お名前、御住所、(立てるべき人物からの)お手紙、お忙しい、ご立派
謙譲語Ⅰ 自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの。
 例)伺う、申し上げる、お目に掛かる、差し上げる、お届けする、御案内する、(立てるべき人物への)お手紙、御説明
対者敬語
自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
謙譲語Ⅱ
(丁重語)
自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
 例)参る、申す、いたす、おる、拙著、小社
丁寧語 話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。
 例)です、ます
敬語に準じるもの 美化語 ものごとを、美化して述べるもの。
 例)お酒、お料理

 1 「いらっしゃる」は尊敬語
 2 「ございます」は丁寧語。「です/ます」よりも更に丁寧度が高い敬語。
 3 「拝見する」は謙譲語Ⅰ
 4 「いたします」は謙譲語Ⅱ

 したがって答えは1です。

 

問2 美化語

 丁寧語は話や文章の相手に対して丁寧に述べます。美化語は物事を美化して述べます。つまり美化語には相手が必要なく、物事を綺麗に言うだけです。

 1 相手の行為に対する尊敬語の「ご」
 2 「土産」を丁寧に述べる美化語の「お」
 3 相手の書いたものに対する尊敬語の「お」
 4 自分の行為に対する謙譲語の「ご」

 したがって答えは2です。

 

問3 他者を低く位置づけるぞんざいな語

 1 「拙宅」は、自分の家をへりくだって言う表現です。文全体でも謙遜の意味があります。
 2 「弊社」にはそのような意味はありません。文全体では謙遜の意味があります。
 3 「せがれ」は、自分の息子をへりくだって言う表現です。
 4 「じいい」は「おじいさん」をののしって言う表現です。

 したがって答えは4です。

 

問4 話し手と聞き手との人間関係に基づく丁寧さの規範から逸脱した表現

 話し手と聞き手の上下関係によっては丁寧な表現が必要になりますが、その規範から逸脱した表現を探します。

 1 弟に対して「今何時だと思ってるんだ」というのは、上下関係に基づく丁寧さの規範から逸脱していません。
 2 親友に対しては上下関係がありませんので、「ついにやりやがったな」というの規範から逸脱していません。
 3 親が息子に対して敬語を使っています。通常の上下関係とは逸脱した表現です。
 4 乗務員が乗客に敬語で話しかけるのは規範に基づいています。

 したがって答えは3です。

 

問5 待遇表現の指導の内容

 1 上司に意思を尋ねるときは「どうされますか?」などというべきです。
 2 正しいです。目上の人に能力的な質問をするのは敬語を使っていたとしても不適切です。通常は質問自体しません。
 3 マイナス敬語は確かに対人関係を悪化させますが、だからこそ学習者は知っておく必要があります。望んでいる場合は導入すべきです。
 4 目上の人からの依頼を断ること自体は失礼にあたりませんが、断る際に「いたしません」というのは失礼にあたります。都合が悪いなどと婉曲的に断るのが正しいです。

 したがって答えは2です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説