平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題4解説

問1 ニ格の用法

 「庭に荷物を運んだ」では別の場所から庭に荷物を運んでいますので、この場合のニ格は移動の到着点を表しています。

 「庭で荷物を運んだ」ではまさに庭という範囲内で荷物を運んでいますので、この場合のニ格は動作の場所を表しています。

 したがって答えは2です。

 

問2 主語

 主語/主格とは、述語が示している動作や作用、属性などの主体となるものです。「は」「が」「も」など。
 主題とは、文の中で話者が特に伝えたいもののことです。「~について言えば」と言えるのが主題になります。「~は」「~なら」「~なんか」など。

 選択肢1
 「象は鼻が長い」は、属性形容詞である「長い」の対象が「鼻」なので主語はガ格、「象は」は象について述べることを表しているため主題とされています。しかし、このようなハガ構文は研究者の間でも議論されているようで、定義は曖昧なようです。
 また、「春だなあ」は英語にすると「Spring has come.(春が来た)」と訳されますが、日本語では主語が明確にされていません。

 選択肢2
 「彼は悲しい」の「彼」は主題ではなく主格(主語)ですが、「彼は悲しい」と言いにくいのは、第三者の感情を表すときは「~そうだ」「~ようだ」「~がっている」などと言わなければいけないためです。

 選択肢3
 「鉛筆は居る」が不自然なのは、アニマシー(有生性)の問題です。日本語では人間や動物などのアニマシーが高いものほど「いる/いない」が用いられます。鉛筆はアニマシーが低いので、「ある/ない」が用いられます。

 選択肢4
 「私は太郎だ」の「私」も、「私が太郎だ」の「私」も主語です。

 したがって答えは1です。

 

問3 意味的な役割と文法的な関係

 意味的な役割とは、格助詞が表す用法のことを指し、文法的な役割とは、主語や述語、目的語などのことを指しています。これらから意味的な役割と文法的な関係を整理してみます。

意味的な役割 文法的な関係
荷物が運ばれた 荷物は<動作の対象> 主語
荷物を運んだ 荷物は<動作の対象> 目的語
部屋を出た 部屋は<出発点・起点> 目的語
岸を離れた 岸は<出発点・起点> 目的語
ラジオを壊した ラジオは<動作の対象> 目的語
木を切った 木は<動作の対象> 目的語

 したがって答えは4です。

 

問4 「走る」-「開く」と同じタイプの自動詞

 ガ格は2つの用法があります。
  ①述語の動作主/主語
  ②述語の対象

 意味的な役割について、「太郎が走る」の「太郎」は主語、「窓が開く」の「窓」は動作の対象を表しています。

選択肢 意味的な役割
太郎が走る 太郎は<主語>
窓が開く 窓は<述語の対象>
猫が跳ぶ 猫は<主語>
太郎が歩く 太郎は<主語>
鉄が溶ける 鉄は<述語の対象>
若者が騒ぐ 若者は<主語>
太郎が泳ぐ 太郎は<主語>
窓が割れる 窓は<述語の対象>
家が焼ける 家は<述語の対象>
日が暮れる 日は<述語の対象>

 「走る」ー「開く」と同じタイプは選択肢3です。
 したがって答えは3です。

 

問5 「走る」タイプと「開く」タイプ

 1 「走る」も「開く」も、「走っている」「開いている」とテイル形にできます。
 2 「走る」は「走ってもらう」と言えますが、「開く」は「開いてもらう」とは言いにくいです。
 3 「走る」は「走れ」と命令形にできますが、「開く」は「開け」と言いにくいです。
 4 「走る」は「走らせられる」と言えますが、「開く」は「開かせられる」とは言えません。

 したがって答えは2です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説