【N2文法】~に違いない

説明

接続

 動詞普通形+に違いない
 い形容詞普通形+に違いない
 な形容詞語幹+に違いない
 名詞+に違いない
 

意味

 一定…
 肯定…
 

解説

 何らかの根拠に基づく、話し手の強めの判断・断定を表します。
 

例文

 (1) 彼女の表情を見る限り、何か秘密があるに違いない
     (只要看到她的表情,肯定有什么秘密。)
 (2) 私が抱いているこの感情は、きっと彼女に対する恋心に違いない
     (我所怀有的这种感情,一定是对她的爱慕之心。)
 (3) 見た感じ、彼は相当な手練れに違いない
     (看过的感觉,他肯定是很熟练的。)
 (4) みんなが口を揃えて言うんだから、そうに違いない
     (大家都异口同声地说,肯定是这样的。)
 (5) 神はいるに違いない
     (神肯定存在。)
 (6) これらは何らかの陰謀に違いない
     (这些肯定是某种阴谋。)

 

備考

 似ている文法「【N2文法】~に決まっている
 似ている文法「【N2文法】~に相違ない

 「~に決まっている」「~に違いない」「~に相違ない」はそれぞれ同じ意味ですが、最も柔らかい表現は「~に決まっている」です。「~に相違ない」は主に書き言葉として用いられます。