平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題3解説

問1 音声との対立/意味との対立

 選択肢1
 英語の「mountain」をIPAで表記すると、/mάʊntən/です。「tain」が[tən]となっており、アルファベットの文字数と音素数が一致していません。アルファベットは一文字で一音素を表すこともありますが、複数の文字で1音素を表すこともできます。

 選択肢2
 正しいです。

 選択肢3
 「山」という漢字を見ると、いわゆる周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを思い出すように、漢字と意味は対応しています。また、「yama」という音を聞いて同様のそのような地形や場所を思い出すのは、音と意味が対応しているためです。

 選択肢4
 平仮名は拗音が二文字で1拍に対応し、それ以外は1文字で1拍に対応します。平仮名と音節は必ずしも対応しません。

 したがって答えは2です。

 

問2 発音と表記

 1 文字で表記すると「こういう」ですが、実際に発音すると「こーゆー」になります。[koɯiɯ]ではなく、[koːjɯː]です。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 

問3 漢字、平仮名、片仮名、ローマ字

 選択肢1
 片仮名は、万葉仮名の一部の字画を省略し付記したものに由来します。

 選択肢2
 ヘボン式表記での「ja」は「じゃ」や「ぢゃ」と表記され、音素と文字が一対一で対応していません。訓令式でも同様です。

 選択肢3
 表語文字とは、一つひとつの文字が対応した一つの概念を表す文字のこと。漢字や象形文字など。
 表音文字とは、一つの文字で音素または音節を表す文字のこと。平仮名、片仮名、アルファベットなどがこれにあたる。
 平仮名と片仮名はそれぞれ、清音・濁音・半濁音・拗音を含めて約110ほどありますが、漢字は何千と種類があります。表語文字の方が多いと言えます。

 選択肢4
 内容語/実質語 (content word)とは、実質的な内容や意味を表す語のこと。名詞・形容詞・動詞など。
 機能語 (function word)とは、文法的な役割や話し手の事態の捉え方を表す語のこと。代名詞・前置詞・接続詞・助動詞など。そのほとんどが平仮名で表される。

 したがって答えは4です。

 参考:訓令式ローマ字とヘボン式ローマ字の表記

 

問4 政府や中央省庁により公式に示されている目安や方針

 1 動詞「むかう」の送り仮名は「かう」です。
 参考:送り仮名の付け方:文部科学省

 2 現代仮名遣いにア列からオ列までの長音についての記述があります。
 参考:現代仮名遣い:文部科学省

 3 常用漢字表には、漢字「他」の音訓に「ほか」の記載があります。
 参考:常用漢字表

 4 正しいです。[ʑi]も[dʑi]も基本は「じ」です。また、[ʑi]は語中、[dʑi]は語頭の音です。
 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 したがって答えは1です。

 

問5 意味が類推できない語

 1 コンセンサス(consensus)は、意見を一致させること、合意という意味です。原語の知識があれば意味を類推できます。

 2 フラッシュ(flash)は瞬間的な閃光を表します。原語の知識があれば意味を類推できます。

 3 バイキング(Viking)とはもともと海賊という意味です。日本語では食べ放題という意味になります。原語の知識があっても、類推できない場合があります。

 4 日本語のアレルギーと英語の「Allergy」は同じ意味です。原語の知識があれば意味を類推できます。

 したがって答えは3です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説