平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 談話

 選択肢1
 テンス/時制 (tense)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって時間を表す文法カテゴリーの一つ。日本語では、ル形が現在と未来を表し、タ形が過去を表す。
 「する」と「した」ではテンスが異なるので、談話の構成に大きく関わります。
 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - テンス/時制 (tense)

 選択肢2
 モダリティ/ムード/法 (mood)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって命題に対する認識や判断や聞き手に対する態度を表す文法カテゴリーの一つ。ここでの命題とはその文における客観的な内容の部分のことであり、命題に対する認識や判断を表すものの対事的モダリティと、聞き手に対する表現の対人的モダリティに分けられる。対人的モダリティは主に終助詞のことを指す。
 「彼がやった」と「彼がやっただろう」では、確信の度合いが全く異なります。モダリティは談話の構成に大きく関わります。
 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - モダリティ/ムード/法 (mood)

 選択肢3
 直接話法/直接引用 (direct speech)とは、他者の発言や文章を「 」を使って忠実に引用するもの。
 (例)先生は「授業中は静かにしなさい。」と怒りました。
 テクストと直接話法は同義ではありません。テクストとは、談話の英訳にあたります。

 選択肢4
 モノローグとは、俳優が舞台で1人で喋る、かなりの長さをもったセリフのこと。
 これも談話の一種です。

 したがって答えは4です。

 

問2 指示詞の文脈指示用法

 現場指示とは、指示語を実際に近くにあるものを指して用いる用法です。
 文脈指示とは、指示語を目の前にはないものを指して用いる用法です。

  (1) このケーキ誰が買ってきたの? (現場指示)
  (2) 今度あそこのお店に行こう? (文脈指示)

 現場指示や文脈指示などの代名詞や指示語には、前方照応と後方照応があります。照応は、文章・談話の中で、代名詞や指示語を用いて具体的な何かを指すことです。特に代名詞や指示語がそれよりも前に出てきたものを指すことを前方照応後に出てくるものを指すことを後方照応といいます。

  (3) 田中さんとは話が合う。彼は私より10歳も年上なのに。
  (4) この人は私の恋人です。彼女とは職場で出会いました。
  (5) お腹がすいたらこれを食べてね。今日作ったカレーだよ。
  (6) 何か食べたい。例えば、とんかつとか。

 (3)(4)は前方照応、(5)(6)は後方照応です。

 
 選択肢1
 文脈指示で、話し手も聞き手も知っていることを指示する場合は、ア系指示詞を用います。
 「昔2人で迷子になったときのこと覚えてる?」-「あのときは大変だったねー」

 選択肢2
 文脈指示で、聞き手が知っていて話し手が知らないことを指示する場合は、ソ系指示詞を用います。
 「昨日近くでひったくりがあったんだって。」-「そんなことあったの。」

 選択肢3
 文章における文脈指示で、指示対象が具体物を表す名詞の場合は、ソ系指示詞を用います。
 「書類は私の机の上にありますので、そのあたり探してみてください。」

 選択肢4
 文章における文脈指示で、指示対象が指示詞の後に現れる(後方照応)場合は、コ系指示詞を用います。
 「私はこう言いました。『やめてください』と。」

 したがって答えは1です。

 

問3 接続表現

 選択肢1
 「まず食材を洗い、次に切ります。」のような手順を表す場合は、列挙する事柄の間に時間的順序が必要です。また、「重要なことは2つあります。まずは◯◯です。次に◯◯です。」のように並列関係にある事柄を列挙する場合は時間的な順序の制約を受けません。

 選択肢2
 「ちなみに彼はどんな人なんですか?」などと相手に補足的な情報を求める文が現れることもありますが、「彼は教師をしています。ちなみに中国でです。」のように、単に補足的な情報が述べられることもあります。

 選択肢3
 「そうなんだあ。ところで、その服どこで買ったの?」の「ところで」は話題転換の用法なので「話は変わるけど」に置き換えられます。また、「ご飯ができたところで夫が帰ってきた。」や「今さら謝ったところで許されないだろう。」などの「ところで」は「話は変わるけど」に置き換えられません。
 参考:【N1文法】~たところで

 選択肢4
 「~一方(で)」には、「田舎に住みたい人もいる一方で、都市部に住みたい人もいる」のような排他関係(対比関係)を表す用法と、「人口減少が加速する一方で、東京への人口と富の一極集中が進んでいます。」のような前項と後項の並列関係を表す用法があります。
 参考:【N3文法】~一方(で)

 したがって答えは3です。

 

問4 省略のされやすさ

 1 聞き手を表す成分である「あなたは」は、この場合、省略されやすいです。
 2 話し手を表す成分である「私は」は、この場合、省略されやすいです。
 3 動作主である「私たちは」は、この場合、省略されやすいです。
 4 焦点部分である「インターネットで買ったんですか」は省略されません。聞き手を表す成分である「あなたは」や、動作の対象を表す成分である「この本を」は省略されやすいです。

 したがって答えは4です。

 

問5 談話レベルの指導

 1 正しいです。
 2 既習文型の反復練習は談話レベルの指導とは言えません。
 3 パラ言語/周辺言語とは、ノンバーバル・コミュニケーションのうち、言葉に付属して相手に伝えられるイントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)、フィラーなどのこと。それを研究する分野をパラ言語学(周辺言語学)と呼ぶ。これは談話レベルの指導ではありません。
 4 いかなるレベルでも学習者の意見を参考にして会話活動のデザインを行うべきです。

 したがって答えは1です。