平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

平成30年度, 日本語教育能力検定試験

問1 書き言葉と話し言葉

 1 「しないといけない」を「しないと」や「しなきゃ」と省略するのは話し言葉に見られる特徴です。文の成分の省略は書き言葉ではなく、話し言葉によく見られます。
 2 「買い物行こう」や「ご飯食べる」などに見られるニ格やヲ格などの助詞の脱落は話し言葉の特徴です。よって書き言葉は縮約性が低く、話し言葉は高いことになります。
 3 「うん」や「ううん」などの応答詞および「遊ぼうよ」や「楽しいな」などの終助詞は話し言葉で頻出します。よって話し言葉は対面性が高く、書き言葉は低いです。
 4 話し言葉は即興性が高く、「ああ」や「へえ」「うーん」などの感動詞が頻出します。

 したがって答えは3です。

 

問2 様々なジャンルの文体的特徴

 1 手紙文で用いられる儀礼的機能を担う定型句などの表現とは、時候の挨拶などです。
 2 正しいです。
 3 「~と釈明。」「~と説明。」などと体言止めが使われます。
 4 取扱説明書ではデス・マス体、あるいは「~ましょう」で手順を示したりします。

 したがって答えは4です。

 

問3 主節と従属節の文体を合わせなければいけない場合

 1つの文に主語と述語が2つずつ含まれる複文は、主節と従属節の2つに分けられます。従属節はさらにその機能から5つに分けられます。

連体修飾節 名詞を修飾する節 彼女が作った料理を食べた。
腐った弁当を捨てた。
昨日買った服を着て行く。
補足節
(名詞節)
「の」「こと」によって
名詞句化された節
彼女が結婚することを噂で聞いた。
床に散らばっているのを掃除する。
彼らがここにいたことを忘れないでください。
引用節 発言等を引用する節 彼女は、私は結婚しないと言った。
私は、それは間違いだと思う。
もう二度としないと誓った。
副詞節 原因・理由・目的・条件などを表し、
主節の述語を修飾する節
彼が来ないと始まらない。
旅行するためにアルバイトしたい。
人に聞かれないようにこっそり話す。
並列節 主節と同程度の内容を
並列的に述べる節
彼女は料理を作り、私はそれを食べた。
先生が問い、学生が答えた。

 1 「彼が来るなら、私も行きます」では、副詞節は常体、主節は敬体です。
   主節と従属節の文体を合わせる必要はありません。
 2 「彼は来るが、彼女は来ません」では、表現が不自然です。これは並列節が常体で、主節は敬体だからです。この場合、「彼は来るが、彼女は来ない」や「彼は来ますが、彼女は来ません」と、主節と従属節で文体を一致させなければいけません。
 3 「食べながら話しましょう」と「食べながら話そう」はいずれも正しいので、主節と従属節の文体を合わせる必要はありません。
 4 「ご飯を食べつつ楽しみましょう」と「ご飯を食べつつ楽しもう」はいずれも正しいので、主節と従属節の文体を合わせる必要はありません。

 したがって答えは2です。

 

問4 ダ・デアル体において、イ形容詞の誤用が起こりやすい理由

 文章中に「ダ・デアル体においては、特にイ形容詞の誤用が起こりやすい。」とヒントがあります。

丁寧体 普通体
デス体/マス体 ダ体 デアル体
名詞 猫です 猫だ 猫である
イ形容詞 美しいです 美しい 美しい
ナ形容詞 綺麗です 綺麗だ 綺麗である
動詞 食べます 食べる 食べる

 イ形容詞のダ・デアル体はそのままですが、ナ形容詞はダ・デアルがつきます。
 したがって答えは4です。

 

問5 「思う」や「考える」などの認識動詞

 1 自発形「考えられる」は、個人の主観的な認識を明示するのではなく、客観的な認識を明示します。
 2 「私は1分で寝ることができる」や「私は1分で寝られる」は能力可能の意味ですが、「考えることができる」や「考えられる」は客観的な可能性を表しています。
 3 自発形「思われる」の認識の主体は書き手・話し手ですが、受身形「思われている」の認識の主体は書き手・話し手だけではなく、より広い範囲の人々です。
 4 「明日は雨が降ると思う」の「思う」は現在の認識を表しています。また、「明日は映画を見に行こうと思っている」の「思っている」は未来の意志を表しています。

 したがって答えは3です。