平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題15解説

問1 小文字cの文化(culture)

 ブルックス(Brooks)は文化をc文化とC文化の2つに分けました。
 c文化(スモールシーぶんか)とは、日常の習慣・行動・価値観などのことで、低文化や見えない文化とも呼ばれます。
 C文化(ラージシーぶんか)とは、文学、音楽、美術、芸術などのことで、高文化、見える文化とも呼ばれます。

 したがって答えは1です。

 

問2 言語相対論

 サピア・ウォーフの仮説(言語相対論)とは、人間の考え方や物事に対する見方はその人の母語の影響を受けているという考え方です。提唱者のサピアとウォーフの名を取って名づけられました。「母語が思考・外界認識を決定する」という強い仮説と、「母語が思考・外界認識に影響する」という弱い仮説があり、主張には幅があります。

 したがって答えは4です。

 

問3 菊と刀

 人類学者ルース・ベネディクトの著書に『菊と刀』があります。西洋文化と日本文化を対比させ、日本を「恥の文化」、西洋を「罪の文化」と類型しています。
 したがって答えは3です。

 

問4 タテ社会の人間関係

 答えは1です。
 参考:タテ社会としての日本

 

問5 文化相対主義

 文化相対主義とは、ボアズによって提唱された考え方です。特定の文化は他の文化の尺度では測れないとし、文化には多様性があることを認め、それぞれの文化の間に優劣はないとする立場のことです。逆の立場に自文化中心主義があります。

 自文化中心主義とは、自文化が最も優れているという考え方で、自文化を絶対的基準として他文化を推し量ろうとする立場のことです。

 したがって答えは4です。