平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題12解説

問1 優先応答

A:あとで暇? どこかに遊びにいこうよ。
B:うん、暇。行こう。どこにいく?
A:この間行ったところ。
B:いいよ。

 隣接ペア (adjacency pair)とは、挨拶に対する挨拶、問いに対する返答、誘いや申し出に対する返答などのお互いにペアとなっている2つの発話のこと。

 そのうち、誘いに対する「いいよ」「うん」などの期待された返答を優先応答、期待にそぐわない曖昧で否定的な応答を非優先応答といいます。

 選択肢4は、期待された返答である「はい、分かりました。」が得られています。それ以外は非優先応答です。
 したがって答えは4です。

 

問2 ヘッジ

 ヘッジ (hedge)とは、断る際の「それはちょっと…」の「ちょっと」や、「まあそうだけど…」の「けど」などに見られる、発話内容や否定表現を和らげる迂言的表現のこと。

 したがって答えは3です。

 

問3 会話の流れを決める言語形式

 談話標識/ディスコースマーカー (discourse marker)とは、談話において、その後どう続くかを知る手がかりとなる言葉のこと。例えば、「でも」は反論、「ところで」は話題転換、「すみません」は会話の切り出しの合図となる。

 選択肢4の談話標識「つまり」は物事の要約をすることを示します。
 したがって答えは4です。

 

問4 オーバーラップ

 オーバーラップ (overlap)とは、二人以上が参加する会話において、複数の話者の発話が重複すること。相手の話を意図的に遮って話し出す場合と、相手の発話の終わりと自身の発話の始まりの一部が重なる場合、わざと相手の発話に重複させて一体感を高めようとする場合などに用いられる。

 よって選択肢1と2に絞られますが、実際はどちらも正解です。
 しかし答えは2とされています。誰が見ても悪問です。

 

問5 修復(リペア)

 リペア/修復 (repair)とは、既に述べた発言の不明瞭な部分や間違った部分などを訂正する行動のこと。

 1 少し時間が経ってからも行われることもあります。
 2 母語話者同士でも言い間違えなどがあるので、リペアは発生します。
 3 聞き手だけでなく、話し手自身も気づけばリペアを行います。
 4 正しいです。

 したがって答えは4です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説