平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 日本人学校の設置の目的

 在外教育施設とは、海外に在留する日本人の子どものために、学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する学校における教育に準じた教育を実施することを主たる目的として海外に設置された教育施設をいいます。
 この在外教育施設は、日本人学校、補習授業校、私立在外教育施設に分けることができます。
 - 在外教育施設の概要:文部科学省より

 したがって答えは3です。

 

問2 補習授業校

 補習授業校は、現地の学校や国際学校(インターナショナルスクール)等に通学している日本人の子どもに対し、土曜日や放課後などを利用して国内の小学校又は中学校の一部の教科について日本語で授業を行う教育施設です。日本人学校と同様、現地の日本人会等が設置運営主体となっています。
 - 在外教育施設の概要:文部科学省より

 したがって答えは4です。

 

問3 ダブル・リミテッドの状態

分類 名称 説明
言語の習熟度 均衡バイリンガル 2つの言語を母語話者レベルで扱えるタイプ。
偏重バイリンガル 片方の言語のみ母語話者レベルで扱えるタイプ。
限定的バイリンガル
ダブル・リミテッド
どちらの言語も十分に扱えないタイプ。
言語習得の時期 達成型バイリンガル 子ども時代を過ぎてから第二言語を使用するタイプ。
獲得型バイリンガル 幼児期から第二言語を使用するタイプ。幼児期から二言語に触れることで同時に獲得したタイプを同時バイリンガル、1つ目の言語を習得してから2つ目の言語を習得したタイプを連続バイリンガルと呼ぶ。
文化習得状況 付加バイリンガル 第二言語習得によって更なる価値観が得られるタイプ。
削減バイリンガル 第二言語習得によって母語を失ったり、母文化に対するプライドを失ったりするタイプ。

 ダブル・リミテッド・バイリンガルとは、どちらの言語も年齢相応のレベルで十分に扱えないバイリンガルのことです。
 したがって答えは3です。

 

問4 継承語の教育

 1 正しいです。
 2 親に期待に応るため自発的に学ぼうとする子供は少ないはずです。
 3 継承語の教育が必要な学生の総数があまりに少ないため、クラス分けできず、レベルが違っても同じクラスで学ぶことが多いようです。
 4 日系1世、2世、3世とでは、当然ながらその日本語のレベルが違うため、教育形態が異なります。

 したがって答えは2です。

 

問5 継承語の保持

 1 正しいです。
 2 現地生まれの子どもは日本語を使わずに育つ可能性が高いので、継承語は保持されにくくなります。
 3 世代をまたぐにつれ、平仮名の読み書きの保持率は低下します。
 4 日系1世、2世、3世とでは、当然ながらその日本語のレベルが違います。

 したがって答えは1です。