平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題9解説

問1 適性処遇交互作用

 適性処遇交互作用とは、学習者の適性(特性)と処遇(指導法)には交互作用があり、その2つの組み合わせにより学習効果に差が出るというものです。

 1 学習者の適性が変化することは適性処遇交互作用と関係ありません。
 2 学習者の適性が変化することは適性処遇交互作用と関係ありません。
 3 正しいです。
 4 適性を高めることは適性処遇交互作用と関係ありません。

 したがって答えは3です。

 

問2 認知スタイル

 ウィトキンらが提唱した認知スタイル(Cognitive Style)の分類法の1つである「場依存型-場独立型」は、学習者の学習スタイルに影響を及ぼします。場依存型は何かを行う際に視覚的な場に依存するタイプです。場独立型は視覚的な場に依存しないタイプで、自分で足りない部分を補うことができます。

 情報を処理するときに、一つ一つ順序立てて情報を処理するタイプを順序型(継時処理)、全体を一度に見渡せる形で情報を処理するタイプを全体型(同次処理)と言います。

 1 場独立型の学習者の特徴
 2 場依存型の学習者の特徴
 3 順序型の説明ではありません。
 4 全体型の説明です。

 したがって答えは4です。

 

問3 直接ストラテジー

 言語学習ストラテジーとは、学習する際に用いるストラテジーのことです。記憶、認知、補償、メタ認知、情意、社会的の6つに分類されます。なお、目標言語に直接かかわる記憶ストラテジー、認知ストラテジー、補償ストラテジーの3つを直接ストラテジー、言語学習を間接的に支えるメタ認知ストラテジー、情意ストラテジー、社会的ストラテジーの3つを間接ストラテジーと呼びます。

分類 種類 説明
直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーです。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられます。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーです。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられます。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーです。分からない言葉を文脈から推測したりするのがこれに当たります。
間接 メタ認知 学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーです。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることが挙げられます。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーです。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることが挙げられます。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーです。質問をしたり、他の人と協力することが挙げられます。

 1 間接ストラテジーの社会的ストラテジー
 2 間接ストラテジーのメタ認知ストラテジー
 3 直接ストラテジーの記憶ストラテジー
 4 間接ストラテジーの情意ストラテジー

 したがって答えは3です。

 

問4 不安を軽減するための教室作り

 1 競争心を刺激すると、かえって学習者の不安を煽りかねません。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 

問5 内発的動機づけ

 行動のきっかけや原動力となるものを動機付けといい、自分の内側から湧いてくるものを内発的動機付け外部からの報酬などを得ることが目的となる外発的動機付けに分けられます。

 1 外部から勧められていますので、外発的動機付けです。
 2 試験合格は外部要因なので、外発的動機付けです。
 3 褒美を得るためなので、外発的動機付けです。
 4 内発的動機付け

 したがって答えは4です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説