平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 グローバルエラー

 誤用は、ついつい間違えてしまったというタイプのミステイクと、間違えて覚えてしまっているために起こるタイプのエラーに分けられます。このうちエラーは修正がなされないとそのまま定着し、化石化する可能性があります。

 エラーはさらに、グローバル・エラー(全体的な誤り)と、ローカル・エラー(局部的な誤り)に分類されます。グローバル・エラーは相手とのコミュニケーションに大きな支障が出るものを指し、影響が少ないものをローカル・エラーと呼びます。

 1 ローカルエラー
 2 誤用と正用で全く意味が違うので、グローバルエラーです。
 3 ローカルエラー
 4 ローカルエラー

 したがって答えは2です。

 

問2 言語内エラー(言語内の誤り)

 エラーが起こる原因は3つあります。

①母語による影響で生じるエラー(プラグマティック・トランスファー
②母語と第二言語の差異から生じるエラー(言語間エラー
③第二言語の学習の不完全さから生じるエラー(言語内エラー

 1 な形容詞の接続を、い形容詞に適用しています。言語内エラーです。
 2 母語である英語が影響している、言語間エラーです。
 3 母語である英語や中国語が影響している、言語間エラーです。
 4 母語である英語が影響している、言語間エラーです。

 したがって答えは1です。

 

問3 回避ストラテジー

 学習ストラテジーは、言語学習に用いる言語学習ストラテジーと、コミュニケーションを成立させるために用いるコミュニケーション・ストラテジーの2つに分けられます。
 コミュニケーション・ストラテジーとは、自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるストラテジーのことです。以下の6つに分けられます。

種類 説明
回避 語彙力や文法力が原因で表現できないものは、わざわざ複雑な言い方をしないで、他の話題を選んだり、中断すること。
言い換え 知らない語を、それに似た別の語で表現したり、新しく語を作ったりして説明すること。
意識的転移 母語や他の言語に依存して説明すること。
助言要請 辞書を使ったり、分からない言葉をネイティブに質問して教えてもらうこと。
物まね ジェスチャーなどの非言語手段で伝えること。
時間稼ぎ ポーズを挟んで考える時間を稼ぐこと。

 したがって答えは2です。

 

問4 明確化要求

 インターアクション仮説とは、ロング(Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説です。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする仮説です。
 インターアクション仮説での意味交渉は3種類あります。

明確化要求 相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求すること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 したがって答えは2です。

 

問5 発話に対する「口頭訂正フィードバック」

 1 口頭での訂正フィードバックでは、相手の発話意図を確認しながら訂正していきます。
 2 口頭で直接訂正するフィードバックは明示的です。
 3 ライティング・フィードバックは文字にして訂正する方法ですから、視覚で理解を助けることができます。一方口頭でのフィードバックは視覚による手助けがないため、ライティング・フィードバックに比べて認知的負荷は大きいです。
 4 発話では、意味面よりも形式面のフィードバックが多くなります。

 したがって答えは4です。