平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 グローバルエラー

 グローバルエラー/全体的な誤り (global error)とは、エラーのうち、相手とのコミュニケーションに大きな支障が出るエラーのこと。
 ローカルエラー/局部的な誤り (local error)とは、エラーのうち、相手とのコミュニケーションに影響が少ないエラーのこと。

 1 ローカルエラー
 2 誤用と正用で全く意味が違うので、グローバルエラーです。
 3 ローカルエラー
 4 ローカルエラー

 したがって答えは2です。

 

問2 言語内エラー(言語内の誤り)

 エラーが起こる原因は3つあります。

言語間エラー
言語間の誤り
エラーのうち、母語による影響で生じた、語用論的誤りを含める文法的な誤りのこと。
言語内エラー
言語内の誤り
エラーのうち、第二言語の学習の不完全さから生じた、語用論的誤りを含める文法的な誤りのこと。
プラグマティック・トランスファー
語用論的転移
エラーのうち、母語による影響で生じた文法的な誤りのない語用論的誤りのこと。例えば、英語母語話者が友人を夕食に誘う際に、英語の「Would you like to go to dinner?」をそのまま直訳して「夕食行きたいですか?」という表現を用いることなどが挙げられる。特定の場面でどのような語や表現を用いるべきかは、その言語を使用するコミュニティの社会的な習慣として決められ、制約を受けている。

 1 な形容詞の接続を、い形容詞に適用しています。言語内エラーです。
 2 母語である英語が影響している、言語間エラーです。
 3 母語である英語や中国語が影響している、言語間エラーです。
 4 母語である英語が影響している、言語間エラーです。

 したがって答えは1です。

 

問3 回避ストラテジー

 自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるストラテジーのこと。回避、言い換え、意識的転移、助言要請(援助要請)、物まね(ジェスチャー)、時間稼ぎの6つに分けられる。

種類 説明
回避 語彙力や文法力が原因で表現できない際に他の話題を選んだり、中断すること。
言い換え 知らない語を、それに似た別の語で表現したり、新しく語を作ったりして説明すること。
意識的転移 母語や他の言語に依存して説明すること。
助言要請 辞書を使ったり、分からない言葉をネイティブに質問して教えてもらうこと。
物まね 身振り手振りなどの非言語手段で伝えること。
時間稼ぎ ポーズを挟んで考える時間を稼ぐこと。

 したがって答えは2です。

 

問4 明確化要求

 インターアクション仮説とは、ロング (Long)が提唱した第二言語習得に関する仮説。他者との言語を使ったやり取り(インターアクション)をお互いに行い意味交渉することで言語習得が促進されるとする。ここでいう意味交渉は、明確化要求、確認チェック、理解チェックの3種類に分けられる。

明確化要求 相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求すること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 したがって答えは2です。

 

問5 発話に対する「口頭訂正フィードバック」

 1 口頭での訂正フィードバックでは、相手の発話意図を確認しながら訂正していきます。
 2 口頭で直接訂正するフィードバックは明示的です。
 3 ライティング・フィードバックは文字にして訂正する方法ですから、視覚で理解を助けることができます。一方口頭でのフィードバックは視覚による手助けがないため、ライティング・フィードバックに比べて認知的負荷は大きいです。
 4 発話では、意味面よりも形式面のフィードバックが多くなります。

 したがって答えは4です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説