平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C
 C【言語表現のあいまいさ】

(11)漠然性(vagueness)

 1 タコにはもともと8本の足があり、数が特定されています。
 2 左右は特定されていませんが、数と部位は分かります。
 3 どちらの足のどこを怪我したのかが特定できません。
 4 走る速度を表しています。

 したがって答えは3です。

 

(12)「ちょっと」の用法

 1 呼びかけ
 2 物の数量や程度を表す用法
 3 物の数量や程度を表す用法
 4 物の数量や程度を表す用法

 したがって答えは1です。

 

(13)構造的曖昧性

 構造的曖昧性とは、複数の解釈が存在する言語表現のうち、語形成のレベルや文のレベル(文法的なもの)で生じる曖昧性のことです。

 1 「10名くらい」の人数が明確ではないので漠然性がある。
 2 「1000人ばかり」の人数が明確ではないので漠然性がある。
 3 漠然性も曖昧性もなし
 4 話者が”大学で”話を聞いたのか、それとも友達が”大学で”財布を落としたのか、複数の解釈ができます。文法レベルで生じた曖昧性は構造的曖昧性です。

 したがって答えは4です。

 

(14)言語情報が不足していることによって解釈が決定できないケース

 1 返答の「いいよ」が、良いのかダメなのか分かりません。
 2 「仕事が早く終われば行く」という意味で、解釈は一つです。
 3 この場合の「結構ですよ」は「良いですよ」という意味です。
 4 「誰?」に対して明確に「太郎です」と答えています。

 したがって答えは1です。

 

(15)あいまいさ

 命題とは、その文の客観的な内容の部分のことを指します。「先生、私には妹がいます。」の命題は「私には妹がいます」です。よって、この文の命題は解釈可能です。

 しかし、この学習者は授業後突然教師に「先生、私には妹がいます」と言っています。何の脈絡もなくこのような事を言われると、その命題は理解できても発話者の意図が理解できないため、ここに曖昧性が生まれます。

 したがって答えは3です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説