平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3B
 B【対義語】

(6)一方が肯定されれば、他方が否定される関係が成り立つ対義語

相補的対義語 対義語のうち、一方が肯定されれば、他方が否定される関係が成り立つ対義語のこと。それらの間に中間が存在しない。男と女、生と死などがこれにあたる。
両極的対義語 対義語のうち、物事の両極にある関係が成り立つ対義語のこと。満点と零点、南極と北極、入学と卒業、頂上と麓などがこれにあたる。これらは段階的な連続性を持たないことから、明確な中間地点は存在しない。
連続的対義語 対義語のうち、中間点から相反する方向に段階的な連続性を持つ対義語のこと。大きいと小さい、長いと短いなどが挙げられる。これら両者には中間地点が存在する。
視点的対義語 対義語のうち、一つの事柄や物事を異なる視点から捉えた関係の対義語のこと。上り坂と下り坂、貸すと借りる、医者と患者、来ると行くなどがこれにあたる。
互いに相手を前提とした対義語 対義語のうち、一方の存在が、もう一方の存在によって成り立つ関係にある対義語のこと。先生と学生、医者と患者などがこれにあたる。

 選択肢1
 「重くない」からといって必ずしも「軽い」とは言えません。重さとしては普通かもしれませんし、軽いかもしれません。よって中間が存在します。このような対義語は程度の差を表しています。

 選択肢2
 「机の上にコップがある」と言えば、コップの存在は確定的なものです。中間的な状態は存在しません。 

 選択肢3
 「始まりではない」からといって必ずしも「終わり」とは限りません。物語の場合は中盤も終盤も存在します。

 選択肢4
 「前進していない」からといって必ずしも「後退」しているとは限りません。立ち止まっているかもしれません。 

 したがって答えは2です。

 

(7)程度副詞

様態副詞/情態副詞 動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表すもの。擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれる。そのうち、動きの量や人の量などを表す副詞を量副詞と分類することもある。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられるもの。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表すもの。必ず、もし、たとえ、たぶん、なぜ…
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表すもの。たいへん、とても、すごく…

 「大きい」や「小さい」のような対義語は状態性の語なので、程度副詞が接続できます。(とても大きいなど)
 したがって答えは3です。

 

(8)互いに相手の存在を前提にしている対義語

 「医者」と「患者」は、お互いの存在を前提にしている対義語です。「医者」がいるからこそ「患者」がいます。

 1 看護婦と看護師と言うようになったのは、ポリティカル・コレクトネスの観点からです。
 2 部下が居なくても、会社経営していれば社長と呼ばれます。
 3 姉も兄も、妹や弟が居なければ成立しません。
 4 子がいなければ親とも呼ばれません。

 したがって答えは4です。

 

(9)語種が共通していない対義語

 語種は、大和言葉(和語)、漢語、外来語、それらの混ざった混種語に分けられます。

 1 外来語 - 外来語
 2 漢語 - 漢語
 3 漢語 - 和語
 4 和語 - 和語

 したがって答えは3です。

 

(10)対義語同士の品詞の関係

 1 「違う」の対義語は「正しい」だと思いました。「合う」という意見もありますので、この問題は悪問だと思います。
 2 「間に合う」の対義語は「遅れる」です。
 3 「嫌い」の対義語は「好き」です。
 4 「若い」の対義語には適切なものがありません。

 したがって答えは4です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説