去年の卒業生からの吉報

 去年卒業した学生が、1年越しに無事大学院に合格しました。
 面接の前に2週間ほど毎日会話練習をしていたこともあってどうなるかと気にしていたのですが、昨日このようなメッセージが来てほっと一安心しています。
 大学院は数人しか合格できない狭き門ですので、名立たる有名大学の優秀な学生を差し置いて合格できたのは本当に価値があることです。

 将来は先生になりたいと言っていました。彼女の夢は少しずつ着実に近づいています。
 学生が夢を叶えていく様子を見ると、まるで自分のことのように喜べるのが教師の素晴らしいところだと思います。