平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(5)解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(5)の問題は以下。
 【両親はいつか先生に会いたいです。】

 第三者の「~したい」などの欲求には、「~と思う」「~がっている」「~ようです」「~みたいです」などの表現を使わなければいけません。問題文ではこれらを使っていないため、非文となっています。

 1 信じているようです。
 2 一人称なので上記の表現は必要なし
 3 疲れたようです。
 4 うらやましがっています。

 したがって答えは2です。

 







平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説