平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(1)解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(1)の問題は以下。
 【「気候」のつもりが拮抗と聞こえる。】

 問題文では促音が1つ増えて、全体として拍の長さが変わっています。

 1 子音の欠落
 2 促音が増えて拍の長さが変わる
 3 長音が増えて拍の長さが変わる
 4 拗音を分解して発音したことで拍の長さが変わる

 したがって答えは1です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説