平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(16)解説

平成23年度, 日本語教育能力検定試験

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(16)は【動詞の性質によるタの解釈】の問題です。

 状態動詞とは、物事の状態や様子、存在、関係を表す動詞のことです。優れる、尖る、濁る、似る、あるなど。
 継続動詞とは、ある時間内に継続して行われる動作や作用を表す動詞です。

 1 存在を表す
 2 過去のある時間内に行われた動作
 3 過去のある時間内に行われた動作
 4 過去のある時間内に行われた動作
 5 過去のある時間内に行われた動作

 したがって答えは1です。