平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)は【複合動詞の名詞化】の問題です。

名詞 動詞
貸し出し 貸し出す
見落とし 見落とす
話し合い 話し合う
立ち読み 立ち読みする
書き直し 書き直す

 動詞を名詞化するときは、連用形(ます形)を用います。(「誤る」⇒「誤り」)
 名詞を動詞化するには、語尾に「する」をつけます。(「運動」⇒「運動する」)
  ※ただし、名詞・サ変動詞に限ります。

 選択肢1、2、3、5は動詞を名詞化したもので、選択肢4はもともと名詞です。
 したがって答えは4です。