平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(13)解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(13)は【比喩】の問題です。

種類 性質 例文
メタファー
(隠喩)
類似するものに喩える。 頭がショートする。
足が棒になる。
メトニミー
(換喩)
隣接関係にあるもので喩える。 隣の部屋がうるさい。
パトカーに捕まった。
シネクドキー
(提喩)
上位概念で下位概念を表す。またはその逆。 お茶でも飲みに行きましょう。
花見に行きましょう。
シミリー
(直喩)
「~のような」「~みたいな」で直接喩える。 バケツを引っくり返したような雨
太陽みたいな人

 参考:比喩的拡張に関するまとめ(隠喩/換喩/提喩)

 1 類似性に基づく比喩(メタファー)
 2 隣接性に基づく比喩(メトニミー) 人で物を表す
 3 隣接性に基づく比喩(メトニミー) 入れ物で中身を表す
 4 隣接性に基づく比喩(メトニミー) 入れ物で中身を表す
 5 隣接性に基づく比喩(メトニミー) 建物や地名で関係することを表す

 したがって答えは1です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説