平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)は【音節数】の問題です。

 音節とは、1つの母音を中心に、その母音単独、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりをいいます。

 音声の聞こえ方として、日本語の場合はモーラもあります。
 モーラとは、音韻論上、一定の時間的長さをもった音の分節単位であり、「拍」と訳されます。日本語では長音「-」、促音「っ」、撥音「ん」も1拍と数えます。ただし、小さい「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、ゃ、ゅ、ょ」は前の仮名と一体となって1拍とされます。

音節区切り モーラ区切り
ちょう/せん(2音節) ちょ/う/せ/ん(4拍)
きょう/い/く(3音節) きょ/う/い/く(4拍)
さん/ぽ(2音節) さ/ん/ぽ(3拍)
けっ/か(2音節) け/っ/か(3拍)
か/たん(2音節) か/た/ん(3拍)

 選択肢2の「育」が2つの音節に分かれていて、全体として3音節になっています。
 しかし、それ以外は全て漢字一つにつき1音節となっています。

 したがって答えは2です。