【N2文法】~にしては

N2文法, 日本語の文法

説明

接続

 動詞普通形+にしては
 い形容詞普通形+にしては
 な形容詞語幹+にしては
 名詞+にしては
 

意味

 就…而言算是…
 照…来说…
 

解説

 一般的に想定される結果とは相反する結果が生じたこと、事実と想定されることが相反していることを表します。前項と後項の主語は同一でなければいけません。
 

例文

 (1) この子は、15歳にしてはずいぶん大人っぽい。
     (这个孩子,15岁就很成熟了。)
 (2) 昼寝にしては寝すぎてしまった。
     (午睡过头了。)
 (3) 彼は高校生にしてはやけに落ち着いている。
     (他虽然是高中生,却非常沉着。)
 (4) 初めてにしてはよくできたほうがだと思う。
     (作为第一次来说,我觉得做得更好。)
 (5) 予習したにしてはあまりにも不出来だ。
     (即使预习了也太差劲了。)
 (6) 今日の天気、今の時期にしては冷え込んでいるほうだ。
     (今天的天气,就现在这个时期来说还是很冷的。)
 (7) ここの家賃は、駅に近いにしてはあまり高くない。
     (这里的房租离车站近不太贵。)
 (8) 小学生が作ったにしてはクオリティが高すぎる。
     (作为小学生制作的质量太高。)

 

備考

 似ている文法「【N3文法】~くせに/くせして
 似ている文法「【N3文法】~わりに/わりには