平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 メタ言語

 1 メタ言語/メタ表現
 ある言葉について説明した他の言い方のこと。

 2 パラ言語/周辺言語
 ノンバーバル・コミュニケーションのうち、言葉に付属して相手に伝えられるイントネーション、リズム、ポーズ、声質(声の大きさ、高さ、速さ、声色)、フィラーなどのこと。それを研究する分野をパラ言語学(周辺言語学)と呼ぶ。

 3 機能語 (function word)
 文法的な役割や話し手の事態の捉え方を表す語のこと。代名詞・前置詞・接続詞・助動詞など。そのほとんどが平仮名で表される。接続詞・助動詞・限定詞などのように、文法的な関係や話し手の事態のとらえ方を表す言葉のことです。

 4 媒介語/媒介言語
 言語教育における学習者の目標言語ではない言語のことで、多くの場合、学習者の母語を指す。

 「用語の説明や定義づけ」とは、つまり言語について説明することです。
 例えば、「春」とは何かという問いに対して、「4つの季節のうち、3月~5月くらいの暖かい季節」と答えることができます。これは「春」を別の言い方に言い換えたことになり、この言い換えた方の表現をメタ言語を呼びます。学術用語について説明する能力は欠かせません。

 したがって答えは1です。

 

問2 口語の縮約形

 「~では」の縮約形は「~じゃ」です。このような音韻的対立によって生じた表現とその縮約形を見つけます。

 1 縮約形ではありません。
 2 縮約形です。
 3 縮約形ではありません。
 4 縮約形ではありません。

 したがって答えは2です。

 

問3 漢語と和語

 1 漢語動詞が自他同形の場合、対応する和語動詞も自他同形である。
 「ビルを建設する」「ビルが建設される」の漢語動詞「建設」はそれぞれ自動詞と他動詞で自他同形です。これに対応する和語動詞は、自動詞なら「建つ」、他動詞なら「建てる」です。対応する和語も自他同形とは限りません。

 2 漢語動詞は、対応する和語動詞に比べ、指し示す意味が限られている。
 漢語動詞「睡眠」は、生き物が一時的に活動停止状態になることを表すのに対し、それに対応している和語動詞「寝る」は、活動停止状態を表すだけではなく、「髪が寝る」のように横たわるという意味も持っています。漢語動詞のほうが指し示す意味が限られているようです。

 3 漢語と和語が意味的に対応する場合、それらの語の品詞は同じである。
 漢語動詞「建設」の品詞は「名詞/サ変動詞」ですが、対応している和語動詞「建つ」と「建てる」はいずれも名詞ではなく、動詞です。品詞は同じとは限りません。

 4 漢語と和語が意味的に対応する場合、使い分けの基準は統語的な位置による。
 例えば、「ビルを建てる」と「ビルを建設する」のどちらが適切かという使い分けの基準は、通常意味論的な立場から考察されます。
 意味論とは、語や文の意味を解明しようとする分野です。美しい、可愛い、綺麗などの類似表現の違いを明らかにしたりします。意味論では文脈から切り離された文字通りの意味を扱います。

 したがって答えは2です。

 

問4 接続表現

種類 意味
順接 前件が原因・理由、後件が結果・結論となることを示す。 だから、それで、そのため、このため、そこで、したがって、ゆえに、それゆえに、すると、それなら、それでは
逆接 前件から予想される結果とは逆の結果になることを示す。 しかし、しかしながら、が、だけど、けれども、ところが、のに、なのに、それなのに、にもかかわらず、それにもかかわらず、ものの、とはいうものの、でも、それでも、とはいえ
言換 前件について言い換える。 つまり、すなわち、要するに
例示 前件について例を示す。 例えば、いわば
並列 前件に後件を並べる。 また、および、かつ、ならびに、同じく
添加 前件に後件を付け加える。 そして、それに、それにしても、ともあれ、それから、しかも、おまけに、そのうえ、それどころか、どころか、そればかりか、そればかりでなく
対比 前件と後件を比較する。 一方、他方、逆に、反対に、反面
選択 前件と後件から選択する。 または、それとも、あるいは、もしくは、か
説明 前件について説明する。 なぜなら、というのは、だって
補足 前件について補足する。 なお、ただし、ただ、もっとも、ちなみに、そもそも、そのかわり、実は、実のところ
注目 前件の中からとりあげ注目する。 特に、とりわけ、中でも
転換 前件と話題・状況を変える。 それでは、そういえば、では、さて、ところで

 

説明 説明 言換
逆接 順接 補足
順接 順接 順接
逆接 説明 転換

 したがって答えは3です。

 

問5 分裂文

 分裂文とは、単文の中のある成分を強調するために抜き出して複文にしたもののこと。「私はコーラが飲みたい。」の「コーラ」を強調するために、「私が飲みたいのは、コーラだ。」というような文。

 選択肢3の「ここで確認したいのは、両者に相関関係が認められるということである。」は、「両者に相関関係が認められるということをここで確認したい。」に言い換えることができます。

 したがって答えは3です。

 

問6 アカデミック・ライティングの指導

 アカデミック・ライティングとは、レポートや論文などの学術的な文章を執筆する能力のこと。

 選択肢1
 理解語彙とは、読んだり聞いたりした際に理解できる語彙の集合のこと。日本語の母語話者の場合は4.5万語程度、義務教育終了時点で3万語程度と言われている。
 使用語彙とは、自分が話したり書いたりした際に使える語彙の集合のこと。日本語の母語話者の場合は1万~2万語程度と言われている。
 「読めるけど書けない」「意味は分かるけど使わない」といった類の語彙は理解語彙に属しているので、一般的には誰でも使用語彙よりも理解語彙の方が多いです。使用語彙が理解語彙を上回ることはありません。

 選択肢2
 論文と新聞の文体は同じですが、法律文は全く異なります。

 選択肢3
 直接引用とは、他者の発言や文章を「 」を使って忠実に引用するものです。
 ダイクシス(直示)とは、発話現場にいなければ意味が成立しない性質のことを言います。
 直接引用であればダイクシス表現もそのまま引用しますので、特別な指導は必要ありません。

 選択肢4
 正しいです。

 したがって答えは4です。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説