平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題2解説

拍の長さ 日本語では、平仮名1文字が1拍に相当します。ただし拗音は直前の音に結び付いて1拍となります。
プロミネンス 発話の中の特定の部分を他の部分よりも強調して言うことです。
アクセントの
下がり目
アクセントとは、個々の語について、習慣的に決まっている発音の相対的な高さや強さのことです。日本語は高低アクセントで、核(下がり目)のない平板式と、核のある起伏式に分けられます。
イントネーション 抑揚のことです。疑問文の「~か?⤴」は上昇調、「そうですか⤵」の「か」は下降調です。

 

1番

 「何が」を強調すべきところを、「見えますか」を強調しています。
 プロミネンスの誤りです。

 したがって答えはbです。

 

2番

 「せつめい」というべきところを、「せっつめい」と言っています。余計な促音があるぶん、1拍多くなっています。
 したがって答えはaです。

 

3番

 「2キロ」を強調すべきところを、「泳いでいます」を強調しています。
 プロミネンスの誤りです。

 したがって答えはbです。

 

4番

 「デジタルカメラ」のアクセント核は「カ」を後になるはずですが、「デジタル」と「カメラ」に分けて発音しています。
 したがって答えはcです。

 

5番

 「ちょっと」を「ちょと」、「よてい(予定)」を「ようてい」と言っています。
 それぞれ拍が1拍増えたり減ったりしています。

 したがって答えはaです。

 

6番

 本来「ねこ」のアクセント核は「ね」の後ですが、男の人は平板型で発音しています。
 なお、文末は疑問形なので上昇調のイントネーションが必要ですが、この部分は正しく発音しています。

 したがって答えはcです。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説