平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 協調の原理

 グライスが提唱した会話を円滑に進めるための原理を「協調の原理」と呼び、量の公理、質の公理、関係の公理、様式の公理(様態の公理)の4つ会話の公理からなります。

量の公理 会話するにあたって必要な情報を提供すること。少なすぎても多すぎても良くないとする。「授業は何時ですか?」に対して「もうすぐです」は情報が少なく、「4時0分0秒です。」は余計な情報が付加されているため不適切となる。
質の公理 自分が真実ではないと知っていることや確信に達していないことについて言わないこと。嘘や皮肉などがこれにあたる。
関連性の公理 話題にあがっていることと関係のあることを話すこと。
様式の公理
様態の公理
不明瞭で曖昧な表現を使わずに簡潔に言うこと。

 したがって答えは3です。

 

問2 公理

 行くかどうかの質問に対して、行くとも行かないとも言わずにレポートについて触れています。一見すると関連性の公理に反しています。
 したがって答えは3です。

 

問3 誘いへの返答に見られる特徴

 1 正しいです。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 断るときは理由などを述べるために長い表現になります。

 したがって答えは4です。

 

問4

 人は通常関係のないことは言わず、言ったとしてもそれは文脈からその含意を推測することでコミュニケーションを成り立たせることができます。
 したがって答えは2です。

 

問5 含意

 人は通常関係のないことは言わず、言ったとしてもそれは文脈からその含意を推測することでコミュニケーションを成り立たせることができます。

 選択肢2の「前提」とは、ある命題が適切に発話、または解釈されるために、あらかじめ知っていなければならない命題のことです。例えば、「(A)彼女はまた泣いている。」という文からは、「(B)彼女は以前も泣いたことがある」という情報が得られます。この(B)が(A)を正しく解釈するための前提となっています。

 したがって答えは1です。

 

問6 公理

 どちらに行くのか聞いているのに、具体的な場所を述べずに「ちょっとそこまで」と言うのは様態の公理(様式の公理)に反しています。
 したがって答えは4です。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説