平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題10解説

問1 文化受容態度

 ベリーが提唱した「文化受容態度」とは、異なった文化を持つ人が別の文化に入った場合、入った人と受け入れる側がどのように対応するかによって社会が変容するという理論です。入った人を取り巻く社会の在り方を、統合、離脱、同化、周辺化(境界化)の4つに分類しました。

 したがって答えは1です。

 

問2 分離

 1 同化か周辺化
 2 統合
 3 分離(離脱)
 4 同化か統合

 したがって答えは3です。

 

問3 周辺化

 1 分離(離脱)
 2 統合
 3 同化
 4 周辺化

 したがって答えは4です。

 

問4 文化受容態度について

 1 最後の状態が「周辺化」とは限りません。人によってどこに落ち着くかは異なります。
 2 「分離」では自文化を保持し続け、異文化を拒否するので、文化的な変化や自分の精神的な変化が非常に小さいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 

問5 文化的アイデンティティ

 1 幼少期に異文化に触れるとアイデンティティ形成に大きな影響を与えるように、異文化移行年齢は文化的アイデンティティ形成に影響を与えます。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 成人以後も変化します。一生という断定した表現には注意すべきです。

 したがって答えは4です。