平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

問1 ニーズ

 ニーズとは、学習者が必要としている日本語のこと。

 1 正しいです。
 2 学習者の学習能力、学習態度、学習ストラテジーはレディネスに含まれます。
 3 同じニーズでも、学習方法の好みは異なります。
 4 文化的背景が同じ学習者でも、ニーズは異なります。

 したがって答えは1です。

 

問2 レディネス

 レディネスとは、学習者の学習に対する心身の準備状態のことです。自分の意思や都合では決められない国籍・母語・文化・年齢・学習予定期間・経済的要因・学習環境などの外的条件、学習者の個人的な条件である外国語学習経験の有無、学習スタイル、学習時間、レベルなどの内的条件に分けられます。

 1 レディネス調査
 2 ニーズ調査
 3 レディネス調査
 4 レディネス調査

 したがって答えは2です。

 

問3 特定の学習者を対象にした特定の目的を持つコース

 1 一般的な初級コースと同じなので、特定の目的はありません。
 2 一般的な初級コースと同じなので、特定の目的はありません。
 3 「観光ガイド」という特定の目的を持っています。
 4 特定の学習者ではなく、特定の目的もありません。

 したがって答えは3です。

 

問4 自律学習

 学習者オートノミー/自律学習 (autonomous learning)とは、学習者が自分の学習を自ら管理して進めていく学習方法のこと。自分のニーズに応じて計画し、遂行する。自律学習は一人で計画し、一人で学習することではなく、他者の援助を得たり、教師や教材、教育機関などの周囲のリソースを利用して学習を進めていくこと。学習者が利用するリソースは、人的リソース、物的リソース、社会的リソースに分けられる。

人的リソース 教師、友人、クラスメイト、地域住民…
物的リソース Webサイト、動画、教科書、辞書、新聞、美術館、博物館、デパート…
社会的リソース SNS、地域社会、コミュニティ、アルバイト、職場、サークル活動、ボランティア活動…

 教師はファシリテーター(促進者)として学習そのものに参加せず、あくまで中立的な立場から活動の支援を行うようにします。また、学習者の精神的な支えとなりつつ、適切な助言を与えるカウンセラーとしての役割も求められます。

 
 1 自律学習は、自習ではありません。
 2 自律学習は、既に決まっている課題を行いません。
 3 自律学習では、周囲のリソースを使って自分でも管理し、他社からも支援を受けます。
 4 正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問5 モジュール型教材

 モジュール型教材とは、各回完結型の教材のこと。どの課をどの順番で使うかは自由に決められるため、学習者のニーズやレディネスに合った授業ができる。

 したがって答えは3です。