平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題5解説

問1 認知的で創造的な過程

 1 聴解問題では、聞こえてくる音を認知し、その音に対応する意味を思い出して理解を進めるとともに、文全体での話し手の意図を理解したりする作業が必要です。

 2 聞こえてくる音を正確に捉えることは必要ですが、異音などの音の表記のバリエーションを考える必要はありません。異音とは、同じ音素に属する異なる音のことです。日本語では、[s][θ]が音素/s/として、[ɾ][r][l]が音素/r/として認識されます。このような違いは聴解問題を解く際に意識する必要はありません。

 3 情報が必要かどうかを識別する必要はありますが、聴解問題中に自ら語を作ったりする必要はありません。

 4 文脈から情報を補うのは必要ですが、言語行動と非言語行動を区別する必要はありません。

 したがって答えは1です。

 

問2 前作業

 前作業を行う理由は、背景知識を活性化させるためです。これはプライミング効果に関係があります。

 プライミング効果 (priming effect)とは、あらかじめ提示された事柄(プライム)により、それに関連する別の事柄(ターゲット)が覚えやすくなったり、思い出しやすくなること。教室においては、あらかじめ教師が手本を見せたり、授業に関連する内容の雑談をしておくなどすることで学習効率を高めることができるとされる。

 したがって答えは1です。

 

問3 本作業

 1 正しいです。
 2 聴解問題は聞き取って意味を理解する過程が重要です。表現を問うような穴埋め問題は聴解問題ですべきではありません。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは2です。

 

問4 後作業の再話

 再話とは、自分が理解したことを自分の言葉で話すことです。

 1 自分の理解した内容を話すので、聞き取れなかった内容を推測する必要はありません。
 2 自分の理解と教材の内容の違いを比較検証するのは後作業で行いますが、再話の目的ではありません。
 3 自分の理解を話すだけでは、聴解問題の内容を細部まで理解させることはできません。
 4 聞き取った内容から自分の理解したことを話すことで、語彙や文法を使わせ定着させられます。

 したがって答えは4です。

 

問5 初級レベルの聴解問題の作り方

 1 正しいです。聴解問題の内容に依存した問題にすべきです。
 2 正しいです。聴解問題では絵や図などが選択肢に用いられます。
 3 未習語も多少含めることで、学習者の推測する力を伸ばすことができます。
 4 正しいです。必要な情報を特に聞き取ろうとする力を養えます。

 したがって答えは3です。