【N1文法】~には当たらない(あたらない)

説明

接続

 動辞形+に(は)当たらない
 名詞+に(は)当たらない
 

意味

 不必…
 用不着…
 

解説

 相手の過剰な反応に対して「そこまで~する必要はない」と進言したり、諭すようなときに用いる文型です。特に感情を表す単語に接続されます。前項には「~からといって」「~だから/なので」などを伴って原因や理由が述べられることが多いです。
 

例文

 (1) 多少ミスしたくらいでは心配にはあたらない
     (稍微失误一点用不着担心。)
 (2) 彼はバカげたことを言っているが、いつものことなので驚くにはあたらない
     (他说的是些愚蠢的话,那是常有的事情,所以用不着吃惊。)
 (3) 誰がやっても難しいのだから、逃げ出してしまったからといって非難するにあたらない
     (无论谁做都很难,所以就算逃走了也没必要责怪。)
 (4) 叱られたからといってそこまで悲しむにはあたらない
     (就算被训斥了也没必要那么伤心。)
 (5) まだ挽回できるチャンスはあるし、そこまで悲観するにはあたらないはずだ。
     (还会有挽回的机会,应该不会悲观到那种程度。)

 

備考

 似ている文法「~には及ばない(およばない)
 似ている文法「~までもない/までもなく





N1文法, 日本語の文法