平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

 平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D
 D【複合動詞】

(13)複合動詞

 複合動詞の後部要素は必ず動詞ですが、前項は動詞以外の要素もあるとのことです。名詞、動詞、形容詞は以下のように全てあります。特に名詞+動詞の場合、前部要素に漢語が来れば「建設する」のように数え切れないほどの名詞を作ることができます。

名詞+動詞 口ずさむ/巣立つ/恋愛する
動詞+動詞 逃げ回る/飛び越す
形容詞+動詞 若返る

 代名詞とは、名詞または名詞句の代わりに用いられる語です。「私」「あなた」「彼」などのことです。これらが含まれた複合動詞はありません。

 陳述副詞とは、述語の陳述の仕方に呼応して用いられる副詞のこと、副詞「決して」「たぶん」などがこれにあたります。いずれも述語に「~ない」や「~だろう」「~かもしれない」などが呼応し、述語のモダリティに関わる副詞を指します。

 連体詞とは、それ自体に活用はなく、必ず体言を修飾して説明する語のことです。現代で一般的に用いられる連体詞は語末が「た・な・が・の・る」で終わる5つに分類されます。
 参考:連体詞、副詞、形容詞、形容動詞の違い

 したがって答えは2です。

 

(14)複合動詞の前項と後項

 選択肢1
 差し戻す 前項だけ実質的な意味を失っています。
 取りかかる 前項も後項も実質的な意味を失っています。

 選択肢2
 切り開く 前項も後項も実質的な意味を残しています。
 出回る 後項だけ実質的な意味を失っています。

 選択肢3
 読み切る 後項だけ実質的な意味を失っています。
 食べ残す 前項も後項も実質的な意味を残しています。

 選択肢4
 分け与える 前項も後項も実質的な意味を残しています。
 送り届ける 前項も後項も実質的な意味を残しています。

 したがって答えは3です。

 

(15)造語法

 造語法とは、新しい語を作り出す方法のことで、大きく2つに分けられます。一つは既にある語や形態素を用いずに新規の語を作る語根創造と、既存の語彙資料を利用して作る方法があります。後者は更に7つに分けられます。

合成法 複数の形態素を結合する方法。ゴミ箱、大教室、スマホケース
転成 既存の語の品詞を変えて新しい語を作る方法。暮らし、物語、話
省略/略語/縮約 既存の語を省略・縮約して新しい語を作る方法。就活、日ハム、ハガレン
借用 他言語から取り入れて新しい語とする方法。外来語。テレビ、メモ、マスク
混淆(混交) 複数の既存の語の一部を取って1語とする方法。「やぶる」と「さく」から「やぶく」を作るようなこと。
逆成 既存の語を派生語と見なし、その語末を派生接辞を捉え、それを切り離して新しい語を作り出す方法。「もくろみ」から「もくろむ」を作るのが逆成の例だそうですが、日本語ではほとんど例がありません。
文字・表記 百から一を引くと99になることから99歳を白寿、八十八を組み合わせると米になることから88歳を米寿とするなど、既存の漢字を分解して言葉を作る方法。また、ローマ字表記の頭文字を取ってTシャツやYシャツなど新しい言葉を作る方法。

 転義とは、本来の語義から転じた語義のことです。

 したがって答えは3です。

 

(16)前項、後項ともに動詞の複合動詞

 (14)の8つの複合動詞を参考に解いていきます。一つ例外を見つけると選択肢を絞れます。

 選択肢1
 「取りかかる」は「~に取りかかる」のようにニ格をとりますが、前項「取る」は「~を取る」のようにヲ格をとります。

 選択肢2
 「取りかかる」の前項「取る」は他動詞、後項「かかる」は自動詞です。

 選択肢3
 「恋愛する」「調査する」などの漢語を用いたサ変動詞では、前項に漢語動詞が来ます。

 選択肢4
 「取る」は「る」の前にアクセント核があり、「かかる」は「る」の前にアクセント核があります。これらが合わさった「取りかかる」は「る」の前にアクセント核があります。一語になったことでアクセント核も1つに減り、アクセントも変わっています。

 したがって答えは4です。

 







平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説