平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【動詞の活用と音韻規則】

(1)同音異義で活用が異なるもの

 「辞書形では同音異義でも、活用の種類が異なれば過去形などの形が異なる」ものとは、例えば「する」が挙げられます。五段動詞の「刷る(する)」の過去形は「刷らない」ですが、サ変動詞の「する」は「しない」です。同音異義でもグループが異なるので活用形が異なります。

五段動詞「切る」「切らない」 一段動詞「着る」「着ない」
一段動詞「植える」「植えない」 一段動詞「餓える」「餓えない」
一段動詞「避ける」「避けない」 一段動詞「裂ける」「裂けない」
五段動詞「要る」「要らない」 五段動詞「炒る」「炒らない」

 1はお互いにグループが異なる同音異義です。
 したがって答えは1です。

 

(2)異形態

 1 異音
 同じ音素の中に属している個々の異なる音のこと。例えば、日本語における音素/s/には[s][θ]が含まれるが、これら[s]と[θ]は/s/の異音となる。その他、[ɾ][r][l]は/r/の異音、[g][ŋ]は/g/の異音である。

 2 特殊拍
 長音、促音、撥音の総称。単独で音節を形成できず、1拍にはなっても1音節とはならない。そして前後の環境によって出現する音が決まるという共通した特徴がある。また、語頭や音節頭には現れないため、出現は音節の後部要素に限定される。

 3 異形態
 同じ意味や機能を持ちながら、環境や条件によって異なる形を取る形態素のこと。例えば、「雨」は雨風なら/ame/、雨雲なら/ama/となる。いずれも同じ意味を持っているが、環境や条件によって現れ方が異なるため、/ame/も/ama/も形態素{ame}の異形態といえる。

 4 閉音節
 子音が最後にくる音節のこと。例えば、英語のshock [ʃɑ́k]は、最後が子音「k」で終わるため閉音節である。英語は開音節の語もあるが、閉音節の語のほうが圧倒的に多い。また、日本語は1つの母音、または子音+母音が1拍、1音節となるため、子音で終わる語「shock」のような語を取り入れる際は最も音が近い「ウ」を付け加え、「ショック」となって取り入れられる。
 一方、母音が最後にくる音節のことを開音節と呼ぶ。日本語は子音+母音、あるいは母音単体で1拍、1音節を形成するので開音節の語が多い。

 したがって答えは3です。

 

(3)

 文章中に「一段活用および不規則活用をする動詞では常に/-ta/が現れる」というヒントがあります。
 一段動詞「食べる」の語幹は「tabe」で、末尾音は「e」です。
 不規則活用のサ変「する」の語幹末尾音は「s」です。
 カ変「来る」の語感末尾音は「k」です。

 「e」は母音、「s」「k」は無声子音です。
 したがって答えは2です。

 

(4)促音便

 (3)の答えより、語幹の末尾音が有声子音の場合は/-da/が現れるが、例外的に/-ta/が現れるものもあるようです。

 日本語における子音[k][s][t][n][h][m][y][r][w][g][z][d][b][p]のうち、有声子音は[n][m][y][r][w][g][z][d][b][p]です。これらが語幹末尾音となる動詞を探します。

語幹末尾音 辞書形 語幹
n 死ぬ sin
m 揉む mom
y
r 飾る kazar
w
g 嗅ぐ kag
z
d
b 飛ぶ tob
p

 動詞辞書形はウ行で終わりますが、「~ず」「~づ」「~ぷ」で終わる動詞はないので[z][d][p]が語幹末尾になる動詞はありません。また、[y][w]のウ行は「~う」で、これは子音ではありません。以上の理由からこれらは除外されます。

 次に各動詞の過去形を見ていきます。

語幹末尾音 辞書形 語幹 過去形
n 死ぬ sin 死んだ
m 揉む mom 揉んだ
r 飾る kazar 飾った
g 嗅ぐ kag 嗅いだ
b 飛ぶ tob 飛んだ

 語幹末尾音が[r]のときに/-ta/が現れています。それ以外は/-da/です。これで[r]が例外であることが分かりました。「飾る」だけではなく、「分かる」「治る」などの「る」で終わる五段動詞がこれにあたります。

 過去形は「飾りだ」ではなく「飾った」となっています。このように、イ段の音が促音に変化する音便を促音便と言います。
 したがって答えは1です。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説