平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)解説

 平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)は【擬音語・擬態語】の問題です。

 擬音語とは、実際に聞こえる音を文字で表現したものです。
 擬態語とは、実際には聞こえない、物や人の状態や感情を文字で表現したものです。

 1 窓を開けるときなどの擬音語
 2 煎餅を食べるときなどの擬音語
 3 麺類を食べるときなどの擬音語
 4 納豆などの粘り気がある様子を表す擬態語
 5 カバンの中から目的の物を探しているときなどの擬音語

 したがって答えは4です。