イケメン、ブス、ブサイクなどの容姿を表すスラング

 昨日の2年生の授業、テーマは外見と内面、どっちが大切?でしたが、このディベートの中でよく使われたのが「醜い」という言葉です。

 容貌を貶す中国語の「丑」を手元の辞書アプリで調べるとちょうどこの言葉が表示されるため、昔から学生が多用しています。しかしこれは直訳すぎて、容貌を評価するときには一般的に使われません。

 初級で学ぶであろう単語で言うと、カッコいい(カッコよくない)、可愛い(可愛くない)が普通ですが、ネイティブの間でよく使われるブスやブサイク、イケメンなどのスラングがあります。

 女性にはブス、男性にはブサイク(不細工)とイケメンを使います。

 辞書アプリを使うようになってから、辞書に依存している学生と自分で言葉をひねり出そうとする学生の2種類に分かれるようになりました。
 依存しすぎると不自然な日本語を作りがちなので、日本語教師としては適切に正していく必要がありますね。