平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題16解説

平成26年度, 日本語教育能力検定試験

問1 大学留学生

 平成21年(2009年)のベトナム人留学生数は3,199人
 平成25年(2013年)のベトナム人留学生数は6,290人

 およそ2倍になっています。
 したがって答えは3です。

 参考:外国人留学生在籍状況調査 – JASSO

 

問2 国費外国人留学生

 選択肢1

国費外国人留学生制度の対象者は、「日本政府と国交のある国の国籍を有すること」が条件であるため、台湾の学生は対象外です。

 選択肢2
 国費留学生数は中国、インドネシア、タイの順で多いです。

 選択肢3
 国費留学生は9,423人で、うち中国からの留学生は1,018人です。全体の10.8%を占めます。

 選択肢4
 留学生総数は298,980人、うち国費留学生は9,423人です。全体の3.1%程度で1割未満です。

 したがって答えは4です。

 

問3 カルチャー・ショックとリエントリー・ショック

 1 正しいです。
 2 どちらの適応過程もUカーブ曲線になります。
 3 断続的に発生することはありません。
 4 使用言語が同じでも生活様式や文化が異なる場合はカルチャーショックが起こりえます。

 したがって答えは1です。

 参考:【異文化適応過程】Uカーブ仮説とWカーブ仮説

 

問4 日本の企業に就職する留学生

 既に「平成24年における留学生の日本企業等への就職状況について(PDF)」は削除されているようで詳しいデータを見ることはできなくなっています。しかし、「留学生等の日本企業等への就職状況について(2012年) | 人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ」でデータが残っていました。
 2012年(平成24年)時点の翻訳・通訳は2,928人と最も多いです。

 したがって答えは1です。

 

問5 異文化間コンフリクト

 コンフリクトとは、お互いに相反する意見や立場などが存在することによる緊張状態が生じることです。衝突・対立・軋轢を意味する言葉です。集団が形成されるとコンフリクトは必ず生じ避けられません。コンフリクトには自分を見つめ直すことができるなどのプラスの面や、軋轢によってストレスを感じるなどのマイナスの面があります。
 異文化コンフリクトは、外国人との接触などで生じる異文化間でのコンフリクトのことです。

 1 正しいです。
 2 異文化間コンフリクトは、相手を受け入れたり、自分が妥協したりするなどの第三者の介入を必要としない方法で解決するのが望ましいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは2です。

 

2019年7月20日平成26年度, 日本語教育能力検定試験