平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題14解説

問1 素材敬語と対者敬語

 敬語は以下の5つに分類されます。

尊敬語 素材敬語 相手の行為や物事、状態などに付いて、その相手を立てて述べる。
謙譲語Ⅰ 自分から相手に向かう行為、物事などに付いて、その向かう先の人物を立てて述べる。
謙譲語Ⅱ
(丁重語)
対者敬語 自分の行為、物事などを、話や文章の相手に対して丁重に述べる。
丁寧語 話や文章の相手に対して丁寧に述べる。
美化語 物事を美化して述べる。

 素材敬語とは、話題の中の人物への敬意を表すものです。
 対者敬語とは、発話現場において対面している聞き手への敬意を表すものです。

尊敬語 いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、御利用になる、読まれる、始められる、お導き、御出席 (立てるべき人物からの)御説明 、お名前、御住所 (立てるべき人物からの)お手紙 、お忙しい、御立派
謙譲語Ⅰ 伺う、申し上げる、お目に掛かる、存じ上げる、差し上げる、お届けする、御案内する、(立てるべき人物への)お手紙、御説明
謙譲語Ⅱ
(丁重語)
参る、申す、いたす、おる、拙著、小社
丁寧語 です、ます
美化語 お酒、お料理

 参照:敬語の指針 – 文化庁

 聞き手に対して丁寧な気持ちや態度を表すものは対者敬語、文中に言及される人物への敬意を表すものは素材敬語(話題敬語)です。
 したがって答えは1です。

 

問2 謙譲語Ⅰ

 謙譲語Ⅰは、自分から相手に向かう行為、物事などに付いて、その向かう先の人物を立てて述べる表現のことです。

 1 「お呼びする」は謙譲語Ⅰです。
 2 「いただきます」は謙譲語Ⅰで、「もらう」の謙譲語です。
 3 「お目にかかる」は謙譲語Ⅰです。
 4 「風が吹いている」は自然現象なので、自分から相手に向かう行為ではなく、聞き手に対して丁重に述べる謙譲語Ⅱです。

 したがって答えは4です。

 

問3 言語使用場面の変化

 1 丁寧体から普通体へ変化します。
 2 どちらの場面でも丁寧体を使うので、変化は大きくありません。
 3 丁寧体から普通体へ変化します。
 4 丁寧体から普通体へ変化します。

 したがって答えは2です。

 

問4 学習者特有の誤用

 「おっしゃいました」が「おっしゃりました」になる誤用です。
 「おっしゃる」は「言う」の尊敬語で、下線部Cのように活用する場合はイ音便化します。
 イ音便とは、語中・語尾のキ・ギ・シ・リ・テがイになる現象です。

 したがって答えは4です。

 

問5 話題の人物と話し手と聞き手の関係

 「佐藤部長は明日大阪にいらっしゃるそうです。」では、「いらっしゃる」で話し手の佐藤部長に対する敬意を、丁寧体「そうです」で話し手よりも聞き手の方が立場が上であることを表しています。3者の関係性は佐藤部長>聞き手>話し手になります。

 「佐藤部長は明日大阪にいらっしゃるそうだよ。」では、「いらっしゃる」で話し手の佐藤部長に対する敬意を、普通体「そうだよ」で聞き手よりも話し手の方が立場が上であることを表しています。3者の関係性は佐藤部長>話し手>聞き手になります。

 したがって答えは1です。