平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題12解説

問1 共同発話

 選択肢1

 グライスが提唱した会話を円滑に進めるための原理を「協調の公理」と呼び、量の公理、質の公理、関係の公理、様式の公理(様態の公理)の4つ会話の公理からなります。

量の公理 会話するにあたって必要な情報を提供すること。少なすぎても多すぎても良くないとする。
「授業は何時ですか?」に対して「もうすぐです」は情報が少なく、「4時0分0秒です。」は余計な情報が付加されています。
質の公理 自分が真実ではないと知っていることや確信に達していないことについて言わないこと。嘘や皮肉などがこれにあたります。
関係の公理 話題にあがっていることと関係のあることだを話すこと。
様式の公理
様態の公理
不明瞭で曖昧な表現を使わずに簡潔に言うこと。

 <会話例>では関係の公理(関連性の公理)に違反していません。

 
 選択肢2
 英語などの言語では、相手が言い終わるのを待ってから自分のターンとなる話者交替の規則があります。

 
 選択肢3
 話者同士で発話を作り上げるのが日本語の特徴(共同発話)です。

 
 選択肢4
 制度的談話とは、ある場面における特別な談話のことです。教室談話(IRE/IRF型)や裁判、医療、マスメディアなどでは、それぞれ異なった談話形式があります。

 

問2 高コンテクスト文化

 高コンテクスト・コミュニケーションとは、実際に言葉として発された内容よりも、言葉にされていないのに相手が理解できる内容のほうが多い話し方のことです。そのような特徴を持つ文化を高コンテクスト文化と言い、その最たる例として日本語が挙げられます。
 一方、言葉として発された内容のみが相手に伝わる話し方のことを低コンテクスト・コミュニケーションと言います。そのような特徴を持つ文化を低コンテクスト文化と言い、その最たる例としてドイツ語が挙げられます。

 罪の文化とは、規範意識が宗教などの戒律に依拠している文化のことです。ヨーロッパ諸国に多いです。
 恥の文化とは、規範意識が世間などの周りの見方に依拠している文化のことです。日本の文化がこれにあたります。

 したがって答えは1です。

 

問3 聞き手行動

 1 インターアクション仮説の明確化要求とは、相手の発話が曖昧で理解できないときに、発言を明確にするよう要求することです。話し手も聞き手も行います。
 2 割り込みとは、相手の発話中に割り込んで中断させ、自らが発話を行うことです。常に聞き手が行います。
 3 ターンの保持とは、話のターンを保持し続け、相手に譲らないことです。話し手が保持している限り、聞き手はターンの保持ができません。
 4 オーバーラップとは、発話が重複することです。話し手と聞き手による行動です。

 したがって答えは3です。

 

問4 リペア

 リペアとは、相手の発話を繰り返すなどして、すでに述べた発言を修復する行動のことです。
 したがって答えは1です。

 

問5

 1 聞き手に徹するような行動及び練習はすべきではありません。
 2 「そうですか?」と「そうですか」が異なることを理解させることは重要です。
 3 その通りです。
 4 「は?」は「え?」よりも失礼な感じを与えることを知っておくのは重要です。

 したがって答えは1です。