平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 文化相対論

 文化相対主義/文化相対論とは、特定の文化は他の文化の尺度では測れないとし、文化には多様性があることを認め、それぞれの文化の間に優劣はないとする立場のこと。逆の立場に自文化中心主義がある。ボアズ (Boas)によって提唱された考え方。

 自文化中心主義 (ethnocentrism)とは、自文化が最も優れているという考え方で、自文化を絶対的基準として他文化を推し量ろうとする立場のこと。逆の立場に文化相対主義がある。

 したがって答えは4です。

 

問2 エポケー

 エポケー (epoche)とは、異文化で問題が発生したときに、それを深刻に捉えることなく判断を一旦保留しておくこと。

 1 直接言及しています。
 2 直接言及しています。
 3 繰り返しているだけです。
 4 直接言及しています。

 したがって答えは3です。

 

問3 メタ認知ストラテジー

 学習ストラテジーとは、学習する際に用いるストラテジーのことで、記憶、認知、補償、メタ認知、情意、社会的の6つに分類される。目標言語に直接かかわる記憶ストラテジー、認知ストラテジー、補償ストラテジーの3つを直接ストラテジー、言語学習を間接的に支えるメタ認知ストラテジー、情意ストラテジー、社会的ストラテジーの3つを間接ストラテジーと呼ぶ。

分類 種類 説明
直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーのこと。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられる。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーのこと。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられる。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーのこと。分からない言葉を文脈から推測したりするなどが挙げられる。
間接 メタ認知 言語学習を間接的に支える間接ストラテジーのうち、学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーのこと。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることなどが挙げられる。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーのこと。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることなどが挙げられる。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーのこと。質問をしたり、他の人と協力することなどが挙げられる。

 1 社会的ストラテジー
 2 情意ストラテジー
 3 認知ストラテジー
 4 メタ認知ストラテジー

 したがって答えは4です。

 

問4 ラポール

 1 エンパワーメントとは、力をつけること、権限を与えること、自信をつけることです。
 2 ラポール (rapport)とは、2人の人の間にある相互信頼の関係のこと。
 3 シンパシーとは、共感という意味です。
 4 フォロワーシップとは、フォロワーによるリーダーへのフォローのことです。

 したがって答えは2です。

 

問5 アサーティブ・コミュニケーション

 アサーティブ・コミュニケーション (assertive communication)とは、お互いの意見を尊重し合うコミュニケーションのこと。

 したがって答えは3です。

 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説