平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題8解説

問1

 授業の目標では、「待遇面で配慮のある適切な表現を用いる」とあります。待遇表現とは、聞き手や話題の中の人物に対して、話し手の尊敬や卑しめを表す表現のことで、特に尊敬語や謙譲語、恩恵表現(あげる、くれる、もらう)などのことを指します。

 1 預かってもらうためのお願いに待遇表現を使う必要があります。
 2 説明してもらう際に、こちらが待遇表現を使う場面は少ないです。
 3 推薦状を書いてもらうためのお願いに待遇表現を使う必要があります。
 4 保証人になってもらうためのお願いに待遇表現を使う必要があります。

 したがって答えは2です。

 

問2

 1 「確認してくださいませんか?」は相手に対する依頼表現です。
 2 「確認していただけますか?」は相手に対する依頼表現です。
 3 「休んでもよろしいですか?」は相手に許可を求める表現です。
 4 「確認してもらえないでしょうか?」は相手に対する依頼表現です。

 したがって答えは3です。

 

問3

 1 音声が無いので、どのような内容が話されているのかを推測する必要があります。
 2 関係ありません。
 3 非言語行動が持つ意味の理解はできるかと思いますが、<資料2>における主な目的ではありません。
 4 音声が無いので、文型や表現の意味は全く分かりません。

 したがって答えは1です。

 

問4

 <資料1>のクラスの方針で「タスク先行型」とあります。
 タスク先行型とは、まずタスクを課して、その後で適切な表現を教える形式の授業です。

 音声が無い動画を見せた後に考えられる活動は、それを推測して会話を作ってみる活動です。これがタスク先行型の最初に与えられるタスクです。その後音声付きの動画を見て、適切な表現を教えています。

 したがって答えは2です。

 

問5

 授業の流れ③で、より適切な表現を学んだ上に、ロールプレイでは自然な会話の流れが求められます。

 1 不自然です。
 2 不自然です。
 3 自然です。
 4 不自然です。

 したがって答えは3です。

 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説