平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題3解説

問1 隣接ペア

 1 挿入連鎖 (insertion sequence)
 隣接ペアの中に別の新たな隣接ペアが入ること。以下の会話では、①と④の隣接ペアの中に、②と③の隣接ペアが挿入されている。

A:①暇? 遊びにいこう?
B:②バイトないの?
A:③うん、ないよ。
B:④じゃあいこっか。

 2 隣接ペア (adjacency pair)
 挨拶に対する挨拶、問いに対する返答、誘いや申し出に対する返答などのお互いにペアとなっている2つの発話のこと。

A:あとで暇? どこかに遊びにいこうよ。
B:うん、暇。行こう。どこにいく?
A:この間行ったところ。
B:いいよ。

 3 TRP (Transition Relevance Place)
 発話のターン交代が起きる可能性のある時点のこと。文が終わったり、下降調イントネーションで話したり、沈黙したりするタイミングでターン交代は起きやすい。

 4 FTA (Face Threatening Acts)
 ポジティブフェイスとネガティブフェイスを脅かすような行為のこと。その度合い(フェイス侵害の度合い)は、このような公式で表される。

Wx=D(S, H)+P(S, H)+Rx

 Wx=ある行為xが相手のフェイスを脅かす度合い
 D(S, H)=話し手と聞き手との社会的距離
 P(S, H)=聞き手と話し手の相対的権力
 Rx=ある行為xの、特定の文化における押し付けがましさの程度の絶対的な順位付け

 
 したがって答えは2です。

 

問2 その場に合った合理的な解釈

 1 自然
 2 自然
 3 不自然
 4 自然

 したがって答えは3です。

 

問3 受け入れ

 1 断る際は理由を述べることが多いですが、受け入れる際は理由をあまり述べません。
 2 正しいです。
 3 「いいですよ」などの実質的な受け入れを表す表現は、ターンの前方に現れることが多いです。
 4 受け入れる際に沈黙や言い淀みはほぼ現れません。

 したがって答えは2です。

 

問4 相反する二つの行為が反応として可能となる発話行為

 1 時間によって答えが異なります。
 2 通常は「どうしましたか?」などの反応一択です。
 3 「どうしましたか?」などと言うケースが多いです。
 4 アドバイスに対しては、受け入れるか受け入れないかの2択です。

 したがって答えは4です。

 

問5 自分が次に行う発話行為を予測させる機能

 1 「知ってる?」の後に、何らかの新しい情報を言うのではないかと予測できます。
 2 「かわいいですね」の後に来るであろう発話は予測できません。
 3 「時間ありませんか?」の後に、何か用事があることが予測できます。
 4 「聞いてよ。」の後に、何らかの新しい情報を言うのではないかと予測できます。

 したがって答えは2です。